バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュ 我が家にプリンターがやって来た3


    11月25日  バングラデシュ

    我が家にプリンターがやって来た3! 喜びの瞬間!!!

     

    ビジネスの非効率さ、仕事の作業効率など、弊社のオフィスは整っていなかった。

    そこで、私たちの事務処理の要する現地での悪戦苦闘を察してくれたわが社の社長が

    見るに見かねて一台のプリンターを買ってくれる事に成った。

    8月に着任して5ヶ月目にしてようやく我がアパートにも最新機器が

    やってくる事に成ったわけだ。

    早速市内の有名電子機器専門店に出かけ、数種類のプリンターを選定したが

    結局こちらで一番大手で圧倒的に有名なキャノンのプリンターを購入する事にした。

    日本円で15000円程の同機種が何と5800TKと約半額で手に入れる事が出来た。

    ところが付属販売のカートリッジがやけに高い。

    日本で買う値段とさして変わらないどころかじゃっかん高めだった

    印刷用紙の方は一般品質のもので200枚    185TK

    フォト用紙A4版中国製20枚  200TK

    ちなみにTKと日本円の差は微差なので、どうしてもカートリッジの高値感は否めない。

    と言う事は初期費用は安いがランニングコストが高くつくと言う事に成る。

     

    日本のオフィスではどんな小さな会社事務所でもプリンターの一台くらいは

    置かれているし我が家にもCPとプリンターくらいは所持しているが

    ここバングラでは、よほどの人でないと自分でプリンターを操作する事など無い。

     

    その為、わが社の現地社員A君などもプリンターの操作はおろか

    セッティングなどもまったく経験が無く、生まれて始めての今回の経験に

    購入前からおおはしゃぎでまるで私が小さい時に我が家にテレビが始めてきた時の感動を彷彿とさせるような

    そんな異常なA君の喜びようで有った。

     

    英語文字でのドライバのインストール作業も二人の共同作業でこなし

    やっとすべてのセッティングを終え目の前でカタカタと小気味良い音を立てながら

    コンピューターの中のデーターが文字と成って出てきた時には

    かく言う私も心の中では、大昔に経験した我が家の状況が再びやって来るような

    興奮を覚えたものである。

    ショップのプリンターよりも一枚当たりの所要時間が早い事にちょっぴり

    優越感を感じてしまったくらいだ。

     

    そしてA君のあまりの喜びように、すこし意地悪をしてみたい気分に成った私は

    彼が始めて見るわが社の印刷物に選んであげたのが彼の日本仕様の職務規定

    この印刷物はまさに彼の現地職員としての職務を規定する現地マネージャーとしての

    職責や任務内容を規定した職務分掌だった。

     

    一文字一文字づつゆっくりと、そしてはっきりとしてくる社長に英訳してもらった

    その文面を見ている内に嬉々とした紅潮した顔から、次第に真剣な青ざめた表情に

    変化していった様は一度皆さんにもお見せしたい姿だった。

     

    ちょっとおふざけが過ぎたので、今度は彼の一番お気に入りの写真を印刷して

    不安な気持ちをやわらげて上げる事にした。

    不安げな彼の顔に又再びとびっきりの笑顔がもどったのは言うまでも無い。

     

    これでわが社の事務所の情報化も一歩進み、コピー、データー印刷、スキャニング等

    日本の会社では当たり前の事が実現の運びと成った。

    協力工場との関係強化もこの様に一段一段と成功への階段を上り続けて行きたいものだ。

     

    ㈱ わんピース  プロダクトマネージャー 小山

     

  2. バングラデシュ 我が家にプリンターがやって来た2


    11月24日  バングラデシュ

    我が家にプリンターがやって来た2! 印刷までの悪戦苦闘


    私が今行っている業務はダッカ市内の2社のデニム協力工場の管理運営のサポート

    や生産管理品質管理の仕事だが、やはりこの様な仕事にも各種書類が必須と成る。

    ましてや、日本本社から毎日の様に送られてくる業務関連の必要情報などは

    やはり、データーファイルをそのまま印刷して事務処理の効率化や正確性を

    きしたいところだが、ここバングラデシュでは、この様な簡単な作業でさえも

    あらゆる困難が待ち受けている。

    例えば、街で撮った写真を印刷する場合でも

    まず、そのデータをカメラからCPに落とし込み、更に持ち運び可能なUSB等の

    記憶デバイスにコピーをしてから、近くのオフィスワークショップに持ち込まないと

    処理出来ない。

     

    ところが、その持ち込んだショップに設置されている機器たるや、CPは相当旧タイプ

    のデスクトップ式がほとんどでディスプレイは当然ブラウン管式、プリンターなどは

    古いインクジェット式でほとんどの機器が内部が露出していたり

    埃にまみれたりの惨憺たる有様なのである。

    確実に日本の我が家に有る旧モデルのプリンターよりは精度も悪いしスピードも

    遅いと来る

     

    先日も、わがアパートの停電からの開放を待って、メールで送られて来た急ぎの資料を

    印刷しようとショップに出かけたところ、ショップ付近一帯が停電で、なすすべ無し

    ようやく停電が終わり、作業を開始したところ、今度はショップのCPが

    日本からのファイルを読み込めない。

    しかたなく、もう一度アパートに戻って日本からのエクセルファイルをPDFファイルに

    転換してショップに持ち込んだところ、今度は先客が長蛇の列

    やっと私の番が回ってきてデーターを確認、一部修正してようやく印刷にこぎつけたなあ~

    とほっとした、ところがどっこい今度はプリンターが故障

    またもやなすすべ無しの状況となり、急遽別のショップに行くと言う事態に見舞われた。

    日本では考えられない様な、この様な数々の困難を克服してようやく

    目的を果たせたのが、朝アパート近くのショップに飛び込んでから何と

    5時間も経った午後2時と成ってしまった。

    たった一枚の書類印刷にさえこの様な大変な思いをしなければならない。

    めずらしく順調に行った時など、思わず『ラッキー』….と叫びたいくらいだ。

    一つ間違うと恐ろしい手間と時間が掛かってしまうために、本当にイライラしてしまうが

    冷静に考えてみるとこの様な事務処理時のトラブルには主にいくつかの理由が有る

     

    1 バングラデシュで多発する停電で作業が停止する事

    2 ショップの機器が古くいつ何時故障するか天の御心に任せるしか仕方が無いこと

    3 街中がほこりまみれの環境にも関わらず、機器のメンテナンスが出来ていない為に

    容易に故障を引き起こしている事

    4 ほとんどの当地のCPには日本語のフォントを持ち合わせていないので

    英語文では無い為読み込めないか、文字化けする事

    5 自宅や会社にもまだCPやプリンターが普及していない為に、ここを利用するお客が多く

    いつも長時間待たなければ成らない事

     

    但し日本人から見るとバングラデシュのこの様な異常な事務処理環境も、まったく

    悪い事ばかりか?と言うと、現地の人々にとっては大いに助けに成っている

    事も事実で有る。

     

    外国に来ようと言う日本人の場合はほとんどの人は何がしかの、オフィスソフトを

    身に着けている人が多いが、ここバングラでは、まだまだ使えない人が多い

     

    そんな人にとってはオフィスショップの店員はワードやエクセルの知識を

    身に着けた強力なサポーターに成るからだ。

     

    さすがにショップの店員ともなるとすごいもので、フォトショップやイラストレーターなどの

    オフィスワークに関わるいろんな知識と経験を身に着けている

     

    大概のショップスタッフは日本人の私にもとても親切かつプレンドリーに

    接してくれるし、お客のバングラデシュ人もにこやかに接してくれるので

    それが唯一の救いであるが、それでも停電や機器のメンテ不足

    や日本語フォントがここバングラではまったく利用される事が無い為に起こる

    このような問題にはかなりストレスを感じるし疲れ果ててしまう。

     

    ちなみにこのショップでの印刷価格は以下の価格が相場のようだ

    白黒通常A4版印刷    5TK

    カラーA4版         10TK

    フォトプリントA4版   50TK

     

    編集作業もしてくれてのこの値段は、日本人の感覚からするとかなり安価のように

    思えるが、現地の人々はどうとらえているのだろうか?

    ㈱ わんピース  プロダクトマネージャー 小山

     

  3. バングラデシュ 我が家にプリンターがやって来た1


    11月23日  バングラデシュ

    我が家にプリンターがやって来た1! 当地の事務処理事情

     

    バングラデシュでのオフィスワークはかつて発展途上だった中国に良く似ている。

    日本では当たり前に取りそろった各種事務機器が公共機関にも私企業にもあまり

    浸透しておらず一部専門業者に依託すると言う形で事務処理を行っている。

     

    日本では大正時代、中国では1980年代に遡ったそのままの状態がここバングラデシュ

    では日常的に市民の間で展開されていると言っても過言ではない。

     

    たとえば、職場で必要な書類や外部に向けての必要書類を印刷するとしよう

    そんな場合ここバングラでは

    まず、原案をノートに書き出してから、それを市内のいたるところに有る

    オフィスワーカーショップに持ち込まなければならない

    そしてその店のスタッフと共に修正ほかその他の書式を一緒に考えながら作り上げていく

    と言う具合である。

    仕事探しの為の履歴書作り、デジタルカメラのピクチャーデーター印刷、提出用報告書

    会社の通達書、求人広告等あらゆる事務処理がこれら外部のショップで行われている。

    まだまだ通常書類のコピーやスキャナやデーターファイルの印刷もそれらのショップに

    持ち込まないと自社では完成出来ないと言うところが多いようである。

    街のこのようなショップの繁盛具合から見ても外資系の超優良企業以外は

    概ね同様の状況のようだ。

     

    先日報告させていただいた記事の中でダッカ市の郵便局本局の

    国際集配センターにたった一台のコンピューターしかなく、作業はすべてアナログ方式

    で行われていると言う事を取り上げたが、ビジネススタイルでバッチリ決めた紳士や

    学生達やお嬢さん達がショップの店員に色々相談しながら、書類を作っているところから

    すると、どうやらその他の公共機関も民間の会社と同様に社会全体がこの方式に

    依存しているようでいまだに事務機器の個人所有すると言う人は少ないと言える。

    地元の人々はこのようなオフィスワークショップの事を単にプリントショップと

    呼んでいる。

     

    ㈱ わんピース  プロダクトマネージャー 小山

     

  4. バングラデシュ 犬の天国?


    11月13日  バングラデシュは犬の天国?


    バングラデシュに来て、数日した時に、当地ののら犬が日本の犬に比べると、とてもやせている事に気づいた。


    日本では野良犬でさえも丸々とふとっているのに何故だろうと言う素朴な疑問である。

    ここバングラデシュの劣悪な生活環境は野良犬にとっては、野良犬の最大の目的ともいえる

    最高に残飯あさりのチャンスには恵まれていると思うが、何故か太っている犬を見た事が無い。

    そしてもうひとつ犬にまつわる事で大きな疑問を最近感じている

    それは、たびたび目にする犬の熟睡光景である。


    臭覚や聴覚が人間よりも数十倍発達している犬は、睡眠中も

    絶えず、感覚は眠る事はなく、それが為に、番犬の役を果たせる

    物とばかり思っていたのだが、ここバングラデシュに来てみるとどうも様子が違うようである。

     

    路行く人々や近づいて来る物に対して警戒心をまったく示さないばかりか

    まるで野良死にしているのでは?…..と思わせるような熟睡ぶりである。

    先のやせこけている事も合せて考えると、


    栄養失調になるものか?

    はたまた、ただのグウタラなのか?

    仕事をしない、周囲のぐうたら男達に合せているのか?


    果たしてこのバングラデシュと言う国は犬達動物にとって天国なのか地獄なのか?

     

    これも又バングラデシュならではの摩訶不思議な私の疑問に加算される事になった。

     

    ㈱わんピース  プロダクトマネージャー  小山

     

  5. バングラデシュ 朝は毎日コーランの大音響で始まる


    11月12日  バングラデシュ 朝は毎日コーランの大音響で始まる

     

    ここバングラデシュでは今もEid-ul-Azha (イドウル アズハ)犠牲祭の真っ最中

    である。

    私の住んでいる街はダッカの中心部から少し離れたところに有る下町的なところで、

    ダッカ中心部のビジネス街というより、ベッドタウンの様なところだが、アパートの近くには

    いくつものモスリム(イスラム教の寺院)や参拝所が有る。

    毎朝5時を過ぎると、近くのモスリムからスピーカーを使った大音響が鳴り響く

     

    もちろん鳴り響いているのは、イスラム教神典のコーランであるが

    なにか唸っている様な、民謡を歌っているような、お経を上げているような

    不思議な声に聞こええ、それが当たり周辺中に鳴り響く。

     

    いたってご年配で有る私には、この音響は眠りを妨げるには格好の

    目覚ましに成っており、前夜どんなに遅く寝付いても、強制的に

    起こされてしまう。

    そしてよほど身体に疲れが残っていない限り、そのまま二度寝が出来る事は無い。

    当地の人々にとっては、一日のスタートの敬虔な時間だが、日本人の私にとっては

    住まいの有る天理で早朝散歩に出かけた時の石上神宮(七枝刀で有名な神社)

    の威勢の良い鶏の雄たけびとさして変わらない。

    イスラム圏ならではの貴重な経験なので、明日からでもコーランの

    勉強でも始めようか…..

     

    ㈱わんピース 商品管理  小山

     

  6. バングラデシュ ゴミ収集方法3


    11月11日  バングラデシュ  ゴミ収集方法3

    現在のバングラデシュでのゴミの収集及び処理方法が一向に改善しない事に

    苛立ちを感じながらも、又或る一面では感心させられる部分も有る。

     

    リヤカーで回収して回る男性達(大概2人連れの若者)

    公道上に一定距離間隔で配置されているコンテナに詰め替え作業をしている

    人々(男性有り女性有り)など、よくこの異臭の中で、しかも不衛生な中で

    一日中作業ができるものだとつくづく感心させられる。

     

    この公道に配置されているコンテナからは、更にトラックが定期的に回収に来て

    その回収されたゴミは徹底的に分別と再利用がされていると聞く

    この徹底再利用の態度にも、飽食、使い捨てになれた私達日本人には

    到底出来ない芸当だと感心している。

     

    しかし慣れとは恐ろしいもので、かく言う私もアパートで発生したゴミや残飯は

    ビニール袋に入れこそすれ、分別などはしていない。

    ビニール袋の口閉じをしっかりする所くらいが、他の現地の人々と違うところか

     

    日本でも今でも繁華街の裏側など残飯の異臭が残っている場所が有ると思うが

    バングラデシュでは、それが繁華街の裏側はおろか、メインロードの路上で

    ゴミ回収作業及び簡単な分別作業がなされている為、ほぼ毎日その異臭に

    さらされながら生活をしている訳である。

     

    こんな生活の中、ふと私は福岡の実家での子供の頃を思い出してしまう。

    家の前の道路際の柵に、各家庭から出たゴミや残飯が塗料の空き缶状の入れ物に

    入れてあり、夏などは自分の家のゴミでさえ強烈は異臭を放っていた。

    そしてそのゴミは養豚業を行う業者の人が引き取り来て豚の餌にしていた。

    ちょうど通っていた中学校の道すがらその養豚場が有り、中学校まで

    その異臭が流れ込んできていた。

    今のバングラと大して状況は変わらないではないか。

     

    人間の出す汚物や残飯の処理は先進国であれ後進国え有れ、大して違わない

    方法でしか処理が出来ていないように思う。

     

    唯一の違いはその処理現場を市街から遠くに隔離するか、その場でやっているか

    だけの違いだろう。

     

    これだけバイオ科学が発達しているわけだから、もっと革新的な、処理方法は

    ないものだろうか?たとえば匂いを一瞬たりとも残さないとか

    処理をする傍らから新たなエネルギーを生み出すとか

     

     

    もっとも、この我慢できないくらいの異臭が残っているからこそ、人間が引き起こしている

    様々な負の部分を思い起こさせるいい機会が残っているのかも知れない。

     

    バングラデシュで生活をする上ではこの異臭に慣れるしかないのが目の前の現実だと

    言う事を、来訪されるすべての人にお知らせしておきたい。

     

    ㈱わんピース   プロダクションマネージャー 小山

     

     

  7. バングラデシュ ゴミ収集方法2


    11月10日  バングラデシュ  ゴミ収集方法2

     

    昨日に引き続きバングラでのゴミ収集方法を報告したい。

    まずここバングラデシュでは各家庭のゴミや残飯は特別な分別回収法が無い

    各家庭では実に気ままに、或る家庭ではバケツに入れドアの前に置き

    或る家庭ではビニール袋に入れ同じようにドアの前に置く

    又別の或る家庭では紙袋に入れたまま玄関先に放置している物もある

    だから特に朝などは外見は美しい高級アパートでも一歩階段ののぼり降りを始めると

    強烈な異臭が鼻を刺してくる。

    各家庭でもこんな風なので、町並みにでると、もうそこは瓦礫や汚物でまみれている

    始末である。

    ゴミを処理するのに市制や住民の考え方に分別して効率良く処理すると言う

    概念が残念ながら現在の所生まれていない。

    首都ダッカの目抜き通りのメインロードでさえ、何キロか毎に日本で言う

    産業廃棄物用の鋼鉄製コンテナが置かれている。

    各家庭で発生したゴミや残飯は、まずその回収を生業とする男性2人組みが

    リヤカーに荷台を付けた様な車で回収して回る

    男性達は一日中その汚物の入れ物の中で、まみれながら詰め込み作業をしている。

    もしアパートから出て行くとき、直前にゴミ回収の作業が行われた後であれば

    エレベーターに乗る事は、ゴミの荷台の中に自ら入っていくような物である。

    さわやかな朝が一変して地獄の様な思いをしなければならないからだ。

     

    そこから次はメインロードの一定間隔で配置されている例のコンテナに

    積み替えが行われる。

    当然その積み替え作業は道路上で行われる為、その周囲の悪臭といったら

    犬も近寄らないくらいである。

    しかし住民の私達は街への移動、近所への移動の際必ずその場所を通る事に成る

    現地の女性達などは、あからさまに鼻や目をふさぎ、異臭に耐えているありさまなのだ

    しかも、そんな最低限のルールさえ守らず、平気で食べかすや袋など、あらゆる物を

    その場に捨てると言う悪習慣が残っている為、街中は一向に清潔に成る気配は無い

     

    株式会社わんピース プロダクトマネージャー 小山