バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュとお酒

    バングラデシュでビジネスをする中で重要なのが、現地の駐在スタッフである。

    求人募集を出せば、そこそこ問い合わせは来るのだが、実際に会社として欲しい人材は中々集まらない。

    ハードルを下げて採用した場合、やはり続かない。
    バングラデシュで8年目を迎える弊社もやはり今まで何度もこのような問題に直面して来た。

    弊社の場合は「アパレル知識と語学力」この部分を最も重用視して採用活動を行っている。
    しかし、中々集まらない。。。
    弊社の周囲の会社に聞いても同様の悩み。。。。

    あくまでも仮説であるが、私が考えるバングラデシュで日本人が駐在する事が難しい理由として考えられるのがズバリ「娯楽」が無い。という点である。

    その他にも環境や宗教、食事などがあると思われるが。。。

    バングラデシュ以外のイスラム教徒圏内でビジネスを展開している企業も同様の悩みを抱えているかも知れないが、バングラデシュの場合は非常に日本とは違った文化や宗教が形成されているため、中々長期で駐在する事は難しい。

    食事やお酒は持ち込めばいいし、少し高いが現地でも購入する事が出来る。

    しかし、周りの人達が全く飲まないのに自分だけ飲む事は楽しくない。

    たまにバングラデシュの工場のオーナーに誘われて飲みに行く事もあるが、多くの現地人は「酒」=「特別」という位置づけのため、高い可能性で飲み過ぎる人が出てくる。

    大学生のように。。。

    小ロットのOEMで生産している弊社に付いて来てくれている工場のオーナーならば、ペースを守って、小ロットで飲んで欲しいものだ。。。。

  2. バングラデシュ 学生運動の驚き

    日本で学生運動を味わっていない世代の私が、バングラデシュで経験したこの度のストライキは非常に多くの驚きがあった。

    また、今もし仮に日本で学生運動が発生したとしても、現在のバングラデシュのようなストライキは発生しないと思う。

    もちろん原因となる無免許のバス運転手がカーチェイスをして。。。
    という事自体が先進国の我が国日本では発生するとは思えない。

    という点もあるが、

    ストライキの内容も共に今の日本でも、昔の日本でも発生しないのではないだろうか。。。

    まず、驚いたのは

    警察官に対する検問を学生が行っている。という点である。

    日本の学生ではあり得ない行動しないパターンだと思われる。

    これは警察官に対する国民の信頼度から発生しているのではないだろうか。


    また、政府関係者に対して圧力的な検問を実施し、政府関係者の護衛が暴力で学生をねじ伏せ、
    その問題が飛び火し、政府関係者の車が襲撃された。


    バングラデシュでアパレルのビジネスを行い、今後も継続する弊社としては、この国と正面から向き合い、日本では考えられない事態にも臨機応変にも対応し、今後もお客様のお役に立てるように精進していこうと改めた経験である。


  3. バングラデシュ 学生運動

    バングラデシュで学生運動が起きている。

    7月29日に発生した、2名の学生が亡くなった、無免許暴走バスによる事件がきっかけである。

    SNSで拡散されダッカをはじめ、チッタゴンなども含めた各地へ飛び火し、至る所で学生が免許証を確認するための検問を行っている。

    実際にお客様を連れて、貸し切りバスで移動していたが、あまりにも本格的な検問で目的地までの移動に非常に時間がかかった。

    通常でも渋滞の激しいバングラでの、このような検問は、私達海外のビジネスマンは非常に困る。

    共にミルプールにあるデニム工場からカットソー工場へは通常ならば20分から遅くても40分。
    しかし、この日に要した時間は2時間強。

    おかげで、OEMのお客様の工場の滞在時間が短縮され、訪問予定の工場も1件訪問出来ず。。。

  4. バングラデシュ ラマダン

    バングラデシュに来て8年目
    ラマダンを経験するのも8年目

    何度、イスラム教を経験しても日本人の僕には難しいラマダン。
    弊社の取締役はラマダン中は社員と一緒に断食して、減量しているとの事。。。
    そこからハマり、彼はバングラ出張中は日本での不摂生をカバーしようとしているようです。

    一方、工場は相変わらず、ラマダン期間中は生産効率が日々日々落ちて行きます。
    とはいえ、工場の生産効率が落ちるのは弊社も折込ずみ。

    OEM案件や弊社企画のデニムやTシャツなども概ね問題無く進行しています。

  5. バングラデシュで小ロット

    バングラデシュで小ロット生産する場合、主に以下の問題に直面します。

    1.生地
    2.付属
    3.縫製工場

    どのようにして小ロットの生地を手配するのか?

    どのようにして小ロットの付属を手配するのか?

    縫製工場にどのようにして小ロット生産を依頼するのか?


    私も8年前に上記のような問題に直面し、少しずつ弊社に型に入れて少しずつ作り上げました。

    最初はデニムOEMの小ロットでスタートし、いまではチノやシャツなどの布帛全般。
    Tシャツやパーカー、ポロシャツやインナーなどのカット製品。
    バングラ素材から中国手配までのニット製品。

    これからも新たなバリエーションをバングラの成長と共に増やして行きます。

  6. バングラデシュのOK

    バングラデシュで現地スタッフと働いていると、頻繁に思う事がある。

    「○○品番のデニムのサンプルはいつ到着するの?」
    「OK,OK」

    って、このOKの意味は何ですか?

    弊社は現在、日本人スタッフが9名、バングラデシュ人スタッフが23名の会社である。

    私は7年近くバングラデシュと仕事をしているので、


    「○○品番のデニムのサンプルはいつ到着するの?」
    「OK,OK」
    「いやいや、OKではなくて、いつ到着するの?」
    「OK,OK」
    「いやいや、OKではなくて、意味分かってる?日程を聞いているの。」

    というような返しが出来ますが、弊社の企画スタッフが戸惑っている姿を良く目にする。

    質問に対する正確な回答が出来ない。

    英語を理解していると言う事ではなく、納期について言われているから、
    その事は分かっているよ。

    という意味の
    「OK,OK」です。

    しかし、それでは納期通りに進行しているのか、納期が遅れるのか、聞いている方が分からない。

    工場などでも良く見られるやり取りなので、バングラデシュ人の特性かもしれない。

    日本は時間に厳しいのが当然で、特にOEMなどでこのようなやり取りだと心配が増える。

    バングラを理解して、仕事する事は当然ながら重要である。

  7. バングラデシュ OEM

    バングラデシュでアパレル生産を開始して7年目。
    バングラデシュに初めて行った時からで考えると8年目である。

    巷のアパレルショップでは、バングラデシュ生産をしている会社もかなり増えて来たように感じる。
    アウトレットに行けば、有名ブランドの生産国が中国以外と言う事も珍しくない。

    多くの場合、このような製品の生産は大手の商社が担っている。
    現地に駐在員事務所を置いて、日本側とやりとりしながら注意して生産しているのである。

    「他社にない物を作りたい。」、「自社で売れている商品をより安くしたい。」、「中国の原価が高くて。。。」、様々な考えを元に小売店様はOEMをアパレルのメーカーや商社に発注をするのである。


    しかし、多くの中小企業では、バングラデシュでOEM発注したい気持ちはあるが、大きな商社に発注するにはロットが足りない。
    だから、自分の気持ちとは裏腹に今も中国で生産している小売店様も多いのでは無いかと感じる。


    そのような会社様の為にあるのが弊社のような中小のメーカーである。
    大手メーカーや商社が扱わない仕事を取り扱うのである。

    小売店様からすると渡りに船。
    しかし、その際注意しなくて行けない事がある。


    アパレルでは当然の事であるが、バングラデシュでも同様に、メーカーが生産する方法も多数あると言う事である。

    1.現地に工場を持っている。
    2.現地に会社はあるが、工場を持っていない。
    3.現地に会社もなく、出張で商品を見に行っている。
    4.現地に会社もなく、上記の国にアウトソーシンングしている。


    では、皆様だったら何番が安くて良いものが出来ると思いますか?


    この点には十分に注意が必要かもしれません。