バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. インデペンデンスデー インバングラデシュ ダッカ2


    12月 17日  インデペンデンスデー イン バングラ ダッカ2

     

    聞くところによると、バングラデシュはインドから1947年に東パキスタンとして独立し

    第三次印パ戦争がインドの勝利で終わった結果、バングラデシュ独立戦争を経て

    1971年に独立が確定した。

     

    その際パキスタン軍は敗北必定と見ると、バングラデシュ独立後の発展を阻害し

    文化を破壊する為に、多くのベンガル人知識層の虚殺を開始した。

    自宅や職場から連行された人々はダッカの外れにあるレンガ工場へと連行され

    そのまま殺されたと言う

    現在そのレンガ工場跡地は殺害された知識人を記念する為の大きな碑が建てられている

    のみの廃墟と成っている。

    こちらに来て2ヶ月くらいした頃、私もこの知識人犠牲者の碑の有るショヒド ブディジビ

    と呼ばれるところを訪れた事が有るが、現在はこの地にかつてのレンガ工場は無いが、替わりに当時のバングラデシュの悲しみを象徴しているようかのように

    レンガの壁が一面に整然と積み上げら、中央には満々とした水が貯められていた。

     

    現在はこの記念碑の周りに公園が出来ており、なんの屈託も無い子供達が

    嬉々とした表情で、バングラデシュ人が愛してやまないクリケット(野球の原型の様なスポーツ)遊びに高じており、まさに平和そのものの空間に成っているが

    そんな子供達を取り囲む周囲の出入り口付近には、制服姿のいかつい

    警官達が数人づつ配備されているところが、この地が只の広場では無いことを

    表していた。

     

    原爆の投下による最後通牒のような形でアメリカの影響下で統治された後

    緩やかに獲得した日本の自立への道のりと、イギリスやインドの干渉から逃れ

    そして西パキスタンとの激しい戦争を経て自分の力で勝ち取ったここバングラデシュ

    の独立とは、おのずと政府の思い入れも国民の感情も違ってくるのはしかたの無い

    事だし、大昔の神武天皇の即位日を建国記念の日とする日本の形式化した記念日

    しか経験の無い私達にはまったく考えられない今日のこの熱狂で有った。

    しかし正直言ってこの様なバングラデシュでの独立に掛ける喜びや熱気には、驚きと同時にある種の羨望を感じてしまう。

     

    そして日本を離れて異国の地で生活して、この様なストレートな独立に向けた

    喜びの感情表現を目の当たりにしてしまうと、やはり日本の整然とはしているが

    感情の露出も感激も少ない記念日の有り方に対し疑問を感じてしまうのは私だけだろうか?

     

    かつての私たちの先輩達が無我夢中で掴み取った経済的繁栄に気を許し、自らの開拓精神をなくした日本人

    かつて自らの力の結集で独立を勝ち取ったものの、いまだに大多数の人達が

    貧困に喘ぐここバングラデシュ

    なんとか、この両者の組み合わせと協力で共に内在している自国の停滞現象を

    打開できないものかと、考えさせられる今日一日だった。

     

    社長と共にアパートを3時くらいに出発しリキシャ、CNGと乗り継いで新規事業の

    関係者との協議に向かった訳だが、要件を終え8時くらいに帰宅する頃には

    さすがに日中の喧騒が嘘のように落ち着きを取り戻していた。

     

    翌朝の朝、またいつものメインロードから一日の仕事の開始が待っていたが、街の様相

    はすでにオータムインダッカへと変身しており、路行く人々の冬装束がこの地での

    秋の訪れを教えてくれる。

    日中の気温は20℃ほどまでしか上がらない。日毎に寒さが身にしみてくる

    秋の日の一日はやはり私の心にかなりの感傷を運んできているようだ。

     

    ちなみに

    バングラデシュと言う意味は『ベンガル人の国』と言う意味で

    広大なデルタ地帯を形成する大海こそが、そのバングラデシュ人を生んだ

    ベンガル湾なので有る。

    国旗の赤は昇り行く太陽、緑は大地の恵みを表していると言う

    独立記念日の今日、人々がこの国旗に対し、誇りと自立獲得の喜びを

    感じていた事は言うまでもない。

    日本の日の丸に対する感じ方はたどってきた歴史の違いによって少し違うが

    同じ日の丸の国同士、共に将来に向けて発展したいものである。

     

    ㈱ わんピース   プロダクトマネージャー   小山

     

     

  2. バングラデシュ 通貨事情5 菓幣と言うお金の有る国


    12月24日  バングラデシュ  通貨事情5  菓幣と言うお金の有る国


    バングラデシュに来てから2度目の引越しをした翌日、新しいアパート周辺のリサーチも

    兼ねてプチショッピングを試みてみた。

    幸いアパート間近にバングラデシュでは非常に数少ないミニスーパ形式の店が

    営業していたので早速入ってみる事にした。


    ここで驚くべきバングラデシュならではの貨幣を発見した。

    これが今日の記事のタイトルと成った、世にも不思議な貨幣だった。

    それは菓幣(かへい)と言うお金である。 貨幣ではなく菓幣と言う


    では菓幣とはそもそもいったいなんであろうか?

    レジー間じかで勘定を待っていたその時にレジーの準備金の中に混じって

    この色とりどりのお金が用意されていた。

    お金と言っても、可愛いデザインのナイロン袋に包まれている。

    さて、皆さん何だと思われますか?

    レジーの中に有ったのはなんと、キャンデーの数粒。

    このキャンデー、当然紛れも無いバングラデシュ製品である。


    最初見たときは、お客の子供にプレゼント用に用意しているものか?

    バングラデシュにしては気の利いた事をするなあ~などとユーモラスに

    受け取っていたが

    なんと実はこれが貨幣として扱われていたから驚いたのなんのって

    その時の衝撃と心の底から沸き起こるおかしさはなんとも表現しようの無い

    体験だった。


    前列のお客がおつり1TKの替りに平気な顔で受け取っていたところを見ると

    ここバングラデシュでは充分に一般的に通用されていると思われる。

    そう言えば、以前のアパートに居るときにも近くの駄菓子屋さんで同じような光景を

    見た覚えが有る。

    その時もてっきりプチプレゼントとばかり思っていたが

    どうやら大きな思い違いだったようだ。


    通常買えば1TKのキャンデーを1TK分のおつりの代価にしている訳だから

    もともとのマージン分、お客は損をしている訳だが、元来がアバウト思考の

    人々なのでたいした問題にはならないのだろう。


    と言う事で、この国では世にも珍しいキャンデーは立派な通貨代わりとして市場で

    流通していると言う驚くべき事が分かった。

    生真面目で堅物で通っている私でも(自称ですが)この通貨には思わず

    笑いを誘われてしまう。

    なんとおおらかで、なんとアバウトなのだろうと….


    ㈱わんピース   プロダクトマネージャー  小山

     

  3. バングラデシュ 通貨事情4 引越しはバングラでしましょう


    12月23日  バングラデシュ 通貨事情4  引越しはバングラデシュでしましょう


    先日私達のバングラデシュ事務所兼住まいの移転を行ったので、その際

    の状況をお知らせしておこう!

    移転の理由は日本からのお客様の受け入れ体制を整える事と、より主力協力工場に

    近い場所が良いとの判断での決定だった。

    移転する場所は現在の場所から車で通常1時間くらいの距離に有る

    ダッカ市内から南に位置する下町。


    以前ご紹介した日本での経験を生かして数企業の経営に参画されている

    バングラデシュ人男性の協力で数箇所のマンションを物色した結果

    バングラデシュ最大級のナバナと言う複合企業がデベロッパーとして開発した

    巨大アパート群にある、一室を借りる事にした。

    バングラデシュではまだまだ珍しい日本で言う団地形式の住まいである


    室内レイアウトは3LDK、家賃が15000TK、光熱費他の経費はおおよそ2500TKほどである。

    地下に有る駐車場は無料で使用で出来ると言う条件でのこの価格、非常に安いと言える。


    さてこの新しいアパートへの引越し費用だが、これが又家賃以上に安い

    ドライバー1名他3名のスタッフが約2時間の移動時間の経て

    積み込みから積み降ろしと新しい部屋への大まかな配置まで行って

    2500TK  使用した車はわが国が誇るトヨタ社ハイエース3トンクラストラック


    引越しの最後には一度つぶしたスチールラックの組み立てをお願いしたが

    いやな顔ひとつせずやってくれた。

    帰り際にこの4名中チーフらしき一人が『次に引っ越す時もうちを使ってください』

    と愛想を振りまいていたが、このサービスと言い費用と言い

    人件費が安いこの国ならではの超低価格で有る。


    引越しを予定されている方は一度ご検討されてみれはいかがだろう?

    但しこの国以外ではとてもこの価格は通用しないのでバングラデシュ国内移動と

    言う制約が有るが・・・


    ㈱わんピース  プロダクトマネージャー  小山


     

  4. バングラデシュ 通貨事情3 お金は回る


    12月22日  バングラデシュ 通貨事情3  お金は回る


    先日の12月15日、日本円とのバングラデシュのTKのレートが、とうとうほぼ同じにまで

    あがってしまったのでバングラでの1TKは日本円の1円と等価に成ってしまった。

    こちらで生活する日本人としては、誠に有りがたい次第である。


    日本では成人男性の散髪代が約3000円ほどするのに、ここバングラではわずかの

    40TK  およそ日本の1.3%

    そして

    日本ではすでに誰からも相手にされない2円(2TK)や1円(1TK)がここバングラでは

    日常の生活の中で頻繁に使われている。

    ちなみに先日早朝の買い物の内容をご紹介すると

    たまご 5個(25TK)  エネルギードリンク 5本(125TK) ジャガイモ500g (18TK)

    遊び心ですべて注文数量を5でまとめてみた。

    支払ったお金500TKに対しこの買い物で所要したお金は、しめてたったの168TK

    なんと332TKもの御釣を受け取った事に成る。


    バングラデシュのお金の特徴は紙幣の種類の多さと、かなりの旧版が同時に

    流通しているのでとんでも無く汚い事である。

    まるで紙くず同然様なクシャクシャの紙幣をおつりとして受け取る事が有る。


    ましてや我々日本人にとっては非常になじみのうすい通貨なので

    先日報告させていただいた様な10TKと100TKを間違って使ってしまう事も頻繁に発生する

    おまけにこちらの人々は紙幣に傷をつける事など平気な様で

    先日少しまとまったお金を両替した際も市内の数箇所にある私営両替商で受け取った

    500TK札や1000TKのお札には何のためらいも無く、紙幣を束ねる為に糸の縫込み

    が施して有る。聞くところによると正規銀行も同様の様である。

    こう言う事情だからして、バングラのお金には、大きな穴が開いている。


    日本では見向きもされない2TKなどの小銭も、くしゃくしゃに成るまで使い回されて

    自分の手元に渡ってきた事を考えると、いったいこの2TK紙幣が

    どんな人々に?、どんなところで?どんな使い方をされながら

    バングラの人々の手を経て私の元まで来たのだろう

    考えさせられてしまう。


    ㈱ わんピース  プロダクトマネージャー  小山

     

  5. バングラデシュ 通貨事情2 小銭争奪戦


    12月 21日  バングラデシュ 通貨事情2    小銭争奪戦


    バングラデシュにおける通貨についてのもう一つの問題は、日本の500円や1000円の様に

    いつでもどこでも使える事情とはかなり違い、これらの紙幣がバングラにおいては

    高額に類する為、とても両替しにくいと言うのが我々の頭痛の種に成っている。


    日常生活上リキシャの利用、生鮮食料品の買出し、市街に溢れている貧困の人々

    への布施等、わずか100TK程度のお金でも相手におつりが無かった為に

    結局使えなかったり不便を感じる事が頻繁に発生する。


    そこで私が毎日の日課にしているのは、500TKを使っても大丈夫な

    食料品ショップや食事の際には必ず500TK以上の高額紙幣を使って

    おつりの小銭をキープする事である。

    そうでないと、先のお客様の様にお布施にとんでもない額を渡してしまったり

    わずか20TKのリキシャ運賃で50TKや100TKも払う羽目になってしまう。


    だから私のズボンのポケットには必ず100TK数十枚と10TK数十枚と20TKや5TKや

    2TKで一杯になる様にしている。

    日本の10000円だと一度くずしてしまうと、直ぐに無くなってしまう程の価値しかないが

    バングラでは、日常の生活範囲内では500TKや1000TKでさえも、おつりが

    用意できていないところがほとんどで使えるところがごく限られている。

    日本のコンビニではたとえ朝一番に使用したとしても、ちょっとだけ気兼ねしながらも

    10000円札でも使えるのとはずいぶんと訳が違うようだ。


    ㈱わんピース    プロダクトマネージャー 小山

     

  6. バングラデシュ  通貨事情 貨幣価値の違い流通通貨


    12月 20日  バングラデシュ 通貨事情1    貨幣価値の違いと流通通貨

     

    バングラデシュにやってきて早や5ヶ月が経過した。

    この5ヶ月と言うものは私が今までに経験した事の無い、驚きの連続だった。

    中でもびっくりしたのは、何と言っても人の労働に対する価値いわゆる

    人件費の低さだった。

    以前この記事の中でも取り上げたが、シャンプーが270TKもするのに

    散髪代はたったの40TK、人力車の10分稼動に対する対価がたったの10TKと言う

    事でもわかるように、ここバングラでは人の労働賃金が驚くほどの低さだ。


    それから流通通貨の事もご紹介しておこう

    ここバングラデシュで流通している通貨といえば紙幣で1000TK 500TK 100TK

    50TK 20TK 10TK 5TK 2TK  8種

    貨幣で5TK 2TK 1TK 3種である。

    しかもそれぞれが旧版と新版が共存して流通しているので、ややこしい事この上ない。

    中でも硬貨の方は、大きさと色がほぼ一緒で1TKと5TKが存在する

    形の違いと色で識別する事に慣れている私にとっては、これも間違い安い原因と成る


    このややこしい通貨が同時に大量に流通している為、旧版にいたっては

    その傷みの激しい事といったらひとつ間違うとゴミと間違って屑箱に

    捨ててしまうくらいの見事なクシャクシャ状態なのである。


    先日も当社のお客様が来訪された時、市街を通行中に布施を求めてきた貧困の人に

    10TKと100TKを間違えて渡してしまった程だ。

    通常2TKや5TKが布施の相場なのに10TKでも感謝をされる状況で

    100TKあげたのだからもらった方は、なんと太っ腹で優しい日本人なんだろう

    と思った事に違いない。

    嬉しい誤解である。


    ㈱わんピース   プロダクトマネージャー  小山


     

  7. インデペンデンスデー インバングラ ダッカ1


    12月16日   インデペンデンスデー イン バングラ ダッカ1

    今日は12月16日

    バングラデシュの各地では日の丸国旗がいたるところで旗めいていた。

    といっても日本の日の丸ではない。

    濃いグリーンのベースカラーに真っ赤の太陽をあしらったバングラデシュの国旗である。

    そう今日16日はバングラデシュの独立記念日なのである。


    バングラデシュの首都ダッカでは市内のいたるところで国旗が掲揚されているし

    路行く車もリキシャもほとんどが緑日の丸をはためかせていた。

    或る車はボンネットに大きな日の丸を貼り付け、或る車はサイドミラーに取り付けている

    そしてビルの屋上に、人々の頭や顔にペイントとして、すごいのは女性のコスチュームにも国旗と同様の濃いグリーンとレッドカラーがあしらわれていた。

    いつもはバスやタクシーやリキシャで一杯のメインロードには一部の隙間も無いほど人人又人で埋められていた。

     

    普段、仕事で利用する交通機関とは違う。

    圧倒的な人・人・人である。


    そしてしばらくすると、今度は荷台に大勢の人をのせたトラックが列をなして通り過ぎていく

    荷台には、楽隊や若者や女性のi一群が乗り込んでおり、大騒ぎしながら道行く人に声を掛けている

    まさに体一杯で独立解放の喜びを表すように熱狂しながら錬り出す人々の表情には

    この日がバングラ人にとって特別な日で有る事がはっきり表れていた。


    私たちのアパート近くを時の大統領が車で通ると言う情報が有ったからだろうか

    私たち3人を乗せたリキシャは30分ほど全く身動きできない状態が続いたが

    それでも後続のリキシャが後を絶たず、後ろを振り返ると、いつのまにか

    びっしりとリキシャと人とで埋まりまるで海原の様な状況が形成されていた。

    今までに中国にも滞在して中国各地の人の多さにびっくりしたものだが

    それでもこれほどの人の波を私は見たことが無い。

    大統領の車が通り過ぎた後、一斉に動きだした人々の怒涛の様なざわめきの

    声は今でも私の耳にこびりついている。


    ㈱わんピース  プロダクトマネージャー  小山