バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュから撤退する会社の共通点

    バングラデシュでデニムOEMの小ロット生産を開始して9年。

    バングラデシュで好調に継続している会社と、撤退している会社を数多く目の当たりにしてきた。
    デニム、Tシャツ、セーター、レザー etc

    素材での違いも多少はあるが、多くはもっとマクロ的な問題である。

    前回のブログの続きとして、バングラデシュに進出するも撤退する会社とはどのような会社なのか?
    私が感じている、特徴は以下の通りである。


    1.商品選定の間違い
    バングラデシュで得意な素材と苦手な素材があり、苦手な素材を中心として商売をしているため、
    品質や遅延が多く発生する。

    2.中国のやり方をそのまま実行
    中国とバングラデシュでは政治形態、国民性、宗教、文化など全く違います。
    中国の成功事例をそのまま持ってきてもバングラデシュでは通用しないことも多い

    3.バングラデシュを理解
    お国が違ど、人は人。
    やはり、バングラデシュの人付き合い。
    宗教の重要性や商習慣などを理解してお互いが歩み寄った商売が重要

    4.バングラデシュ人パートナーの重要性
    現地をマネージメントせず、現地で日本語の話せるバングラデシュ人。
    もしくはバイイングハウスなどに発注をして、管理を任せても日本のお客様の期待に添えるのか。。。

  2. バングラデシュからの撤退

    世界の工場である中国。
    発展途上国だったのも過去の話、今ではGDPで世界第2位の経済大国である。
    その中、原価高騰と理由に中国からバングラデシュに衣料品の生産をシフトする日経の会社もバングラデシュでは年々増加している。

    しかし、撤退する会社も多い。

    弊社もバングラデシュのデニム小ロット生産からスタートし、ファッション一本で9年目を迎えて、今まで色々な会社の進出と撤退を目の当たりにしてきた。

    今ではTシャツやトレーナーなどのカットソー、セーター、デニムやチノなどの布帛、一部ではレザー小物を生産している。

    では、撤退している会社と継続している会社の違いとは。。。

    撤退する会社には特徴は以下の通りである。


    1.商品選定の間違い

    2.中国のやり方をそのまま実行する。

    3.バングラデシュを理解する。

    4.バングラデシュ人パートナーの重要性


    明日のブログで更に詳細を記載したいと思います。

  3. バングラデシュ レザー小物

    バングラデシュで小物のレザーを生産している。
    これは弊社としては付随の事業なので、あまり大きく公にしていはいない。

    あくまでも、Tシャツやデニムなどファッションが弊社の主力ビジネスである。

    代表の私と関係性のある会社とだけの商売で、毎月コンスタントに生産し、輸入をしている。

    しかし、最近ではレザーの原皮を第3国から輸入し、生産をバングラデシュで生産し、輸入すると言う三角貿易も好調である。

    単純な製品のみで、低単価なものだけを生産すると言うことは、どこの国でもやはり限界があると感じる。

  4. バングラデシュ 小ロット生産

    バングラデシュで小ロット生産を強みとしている弊社ではあるが、
    決してその小ロット生産が得意なわけでは無い。

    デニム、Tシャツ、レザーなど、全てのジャンルの製品でも、やはり良い工場には良いオーダーが入っており、
    日本向けのオーダーを作っている工場もバングラデシュの工場ランクとしては
    C、Dランクだと感じる。
    A,Bランクの工場はロットがあり、品質も日本ほど細かく無い欧米系の生産をしている。

    なので、いかにC、Dランクの工場で小ロットを生産するのか。
    それは生地だったり、人だったりを仕組み化する必要があり、弊社の強みはその仕組みである。

  5. バングラデシュ新年

    バングラデシュではイスラム暦で連休などは管理しているが、輸出が多く、デニムやTシャツ、レザーなど弊社にも多くの取引工場からメールや SNSでメッセージを頂く。

    しかし、イスラム暦のイードという連休でも同様にデニムやTシャツ、レザーなど弊社にも多くの取引工場からメールや SNSメッセージで連絡をくれる。

    イスラム暦のイードでのご挨拶は不要なのだが、断ってしまうのもどうかと思い、今の今まで返信をしてきたが、今年はちょっと伝えてみよう。

    多分、届くのだろうが。。。。

  6. バングラデシュのクリスマス

    バングラデシュでは日本のように年末や年始で大型の連休はない。
    しかし、バングラデシュではクリスマスはキリスト教の催事という認識であり、宗教に重きを置いているバングラデシュでは国祝日となっている。
    日本ではキリストのイエス キリストの降誕祭という認識は薄れ、多くはカップルや家族でKFCのようなチキンを食べて過ごすイベントになっているような気がする。

    本年も残り僅か、バングラデシュでは年末年始もデニム、Tシャツ、レザーなど多くの商品が通常のスケジュールとして流れている。

    日本も事務所は休日だが、携帯での報告は随時入ってくるようになっている。

  7. バングラデシュでのクリスマス

    日本の若者はクリスマスの重要度が高いかもしれないが、一般的には日本ではクリスマスよりも元旦を含めた正月の方が優先順位が高いのではないだろうか?

    バングラデシュでは宗教の重要度が日本と比較して圧倒的に高い。


    初対面でバングラデシュ人同士の話を参考にすると、

    1.名前
    2.元気かどうか
    3.宗教
    4.出身地
    5.年齢

    このように宗教を聞く事が当然。
    宗教を進行する事は必須。

    このような国であるため、いくらバングラデシュ国内で少数派とはいえ、クリスチャンをリスペクトしている。

    その為、クリスマスは国民の祝日、正月は平日である。

    バングラデシュで現在生産している、デニムやカットソー、セーター、ニット、レザーなど全ての工場は年末年始稼働しているので、弊社としては良い事であるが、日本との違いを毎年感じる瞬間である。