バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュから撤退する会社の共通点

    バングラデシュでデニムOEMの小ロット生産を開始して9年。

    バングラデシュで好調に継続している会社と、撤退している会社を数多く目の当たりにしてきた。
    デニム、Tシャツ、セーター、レザー etc

    素材での違いも多少はあるが、多くはもっとマクロ的な問題である。

    前回のブログの続きとして、バングラデシュに進出するも撤退する会社とはどのような会社なのか?
    私が感じている、特徴は以下の通りである。


    1.商品選定の間違い
    バングラデシュで得意な素材と苦手な素材があり、苦手な素材を中心として商売をしているため、
    品質や遅延が多く発生する。

    2.中国のやり方をそのまま実行
    中国とバングラデシュでは政治形態、国民性、宗教、文化など全く違います。
    中国の成功事例をそのまま持ってきてもバングラデシュでは通用しないことも多い

    3.バングラデシュを理解
    お国が違ど、人は人。
    やはり、バングラデシュの人付き合い。
    宗教の重要性や商習慣などを理解してお互いが歩み寄った商売が重要

    4.バングラデシュ人パートナーの重要性
    現地をマネージメントせず、現地で日本語の話せるバングラデシュ人。
    もしくはバイイングハウスなどに発注をして、管理を任せても日本のお客様の期待に添えるのか。。。

  2. バングラデシュからの撤退

    世界の工場である中国。
    発展途上国だったのも過去の話、今ではGDPで世界第2位の経済大国である。
    その中、原価高騰と理由に中国からバングラデシュに衣料品の生産をシフトする日経の会社もバングラデシュでは年々増加している。

    しかし、撤退する会社も多い。

    弊社もバングラデシュのデニム小ロット生産からスタートし、ファッション一本で9年目を迎えて、今まで色々な会社の進出と撤退を目の当たりにしてきた。

    今ではTシャツやトレーナーなどのカットソー、セーター、デニムやチノなどの布帛、一部ではレザー小物を生産している。

    では、撤退している会社と継続している会社の違いとは。。。

    撤退する会社には特徴は以下の通りである。


    1.商品選定の間違い

    2.中国のやり方をそのまま実行する。

    3.バングラデシュを理解する。

    4.バングラデシュ人パートナーの重要性


    明日のブログで更に詳細を記載したいと思います。