バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュ スラムについて

    バングラデシュのミルプールというエリアにあるスラムで発生した火災。
    お客様からの安否確認や連絡もありましたので、色々と調べてみました。

    これは他の東南アジアエリアでも過去に発生している同様の火災と同一の理由とバングラデシュでは受け取られているようです。

    弊社の提携工場であるTシャツ工場のオーナー曰く、スラムに無許可で住み着いたバラックをイードという連休中に火をつけることで、人を殺さずに人を追い出すことが出来るので、バングラデシュでは過去に何度も発生しているタイプの火災のようである。

    同様地域に食事をした、デニム工場のオーナーも同様の事を言っていたので、バングラデシュでは珍しくないようである。
    土地のオーナーが変わったタイミングなどには珍しくない。との回答。

    人の土地に無許可で住んでいる人も問題だが、それに火を放つという事はもっと問題かと。

    いずれにしよ、このような国でビジネスをしている限り、避けては通れない内情である。

  2. バングラデシュの火災報道

    バングラデシュで毎年恒例の大型連休イード
    今回は2回目の大型連休である、犠牲祭明けの出張です。

    中国の旧正月と同様、工場によっては戻ってこないワーカーや予定よりも遅れて出社するワーカーも多い。

    弊社のデニム工場でも多少、一番多かったのはデニム生地メーカーである。
    予定よりも4日遅れてのスタート。
    理由としては染料を調整するテクニシャンが田舎から戻ってきていない。。。。とのこと。

    そんな中ゆっくりとスタートした仕事ですが、お客様からのOEM商品見積もりや納期問い合わせと同時に連絡があったのが、
    「バングラデシュで火災があったみたいですが、大丈夫ですか?」との内容。

    弊社の新事務所や自社工場の近くで発生した火災、バングラデシュ滞在中でも特に耳にしなかった内容ですが、日本からの問い合わせで発覚。
    死者も出ていないとのことで、まずは安心です。

    明日は提携先のTシャツ工場で、火災のあったエリアに行くので、情報はまた更新します。