バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュのストライキ

    バングラデシュで7月末に起きた事件より、学生がストライキを起こして、
    非常に大きな事になっている。

    事件の発端は7月29日にバス2台がカーチェイスを行い、そのうちの1台が学生の列にツッコミ2名の学生が死亡した。

    その後、バスの運転手の免許証が偽造だった事から、バス会社へのルールの徹底やバス会社業界への法律の厳罰、歩行者への安全対策を求めて発生した。

    学生はその後、数千人規模で道路を封鎖し、独自で検問を行っている。

    今後はこのようなデモが各地に拡散すると思われる。


    弊社の従業員も工場へ向かう途中の道が封鎖されていたり、工場に仕入れ予定の生地が遅延したり、経済的な影響も出ている。
    国としてのダメージは相当なものだろう

  2. バングラデシュでの生産に対する批判 その1 批判の内容


    バングラデシュで生産をしていると多くの批判が出てくくるのも事実である。

    ファストファッションが生む貧困格差などアパレル企業欧米を中心とした大手SPA企業に対する批判である。

     

    大手ファストファッションとは違うが、OEMや自社企画を通じてTシャツやデニムをバングラデシュで生産している弊社としては、規模は小さいが、自身の考えがある。

     

    恐らく、本件を批判している人の意見から考えてみると

     

    1.先進国の消費者が低価格の商品を購入する。

    2.低価格の商品が市場で売れるので、低価格の商品を開発し販売する企業がいる。

    3.低価格の商品を販売するために、低価格な国で生産する。

    4.低価格の国で生産している企業で働いている人の給与が下がる。

     

    これに対する批判をしていると捉えている。

     

    では、どのようにすれば問題が解決するのであろうか。

     

    私の個人的な意見からすれば、上記は特に自然な競争原理だと思うのだが。。。

     

     

    【続きは次回】

     

  3. バングラデシュの可能性


    バングラデシュの人口は日本での公表としては約1.4億人となっている。

    しかし、現地では1.5億人と言われており、現地の人がしっかりとカウント出来ていないため、1.6億人は確実にいると言われている。

     

    最近ミャンマーの政府が人口を1000万人下方修正した。

    日本ではチャイナプラスワンとして、バングラデシュとよく比較されるミャンマー。

     

    アパレルをはじめ、物作りビジネスをするなかで労働力は必ず必要である。

    バングラデシュが人口を下方修正する事は考えられないため、労働力を多く抱えているバングラデシュ可能性は計り知れない。

  4. バングラデシュと日本の物価差


    バングラデシュからデニムやカットソーなど、サンプルを中心に

    弊社ではバングラデシュオフィスや工場から弊社の大阪事務所にクーリエサビースを頻繁に利用する。

    しかし、日本からバングラデシュ向けに送る事は少ない。

     

    一番の理由は毎月のように私が出張する際に持ち込んでいる事であるが、

    コスト差の問題もある。

     

    バングラデシュと日本のクーリエFedexやDHL、OCSなどは最大で8倍のコスト差が生じている。

     

    大卒の給料が1万5千円程度のバングラデシュの物価を考えれば相応なのかもしれないが、

    同じサービスなのに、ここまでコストが違うとホイホイとサンプルを送る事も出来ない。

     

    弊社ではお客様から頂いたサンプルのご依頼時は原価相当のご請求をさせて頂いている。

    出来る限り持ち込みで。

     

     

     

     

  5. 2013年最後


    2013年も最後です。

    12月は思っていた以上に苦戦しましたが、前を向いて2014年に向けて、前進する為に全力投球します。

    バングラデシュでは新年や元旦のような物は無いので、特に連休などはありません。

    ビジネスは通常稼働です。

    何だったら元日よりもクリスマスの方が重要とされているようです。

     

    私は3日間ほどゆっくりとする予定ですが、倉庫やオフィスにてやる事が色々です。

    衣料品の棚卸し、1月7日にコンテナが来るので大掃除です。

     

    まぁ、2014年もロケットスタート出来るように頑張ります。

     

    本年はお世話になりました。

    2014年もよろしくお願いします。

     

  6. 在庫強化中!バングラデシュで業界革命!!2012年春物展示会


    さっそくですが、2013年2月の展示会を行います。
    ご案内が遅くなり申し訳ありませんでした。
    春物向けの展示会ですが、2月末納品の商品も実際のサンプルが届いておりますので、
    現在付けて頂いている注文数の追加や新たなご注文も心よりお待ちしております。
    日程は以下の通りです。

    日程:2月18日(月曜日)~2月22日(金曜日)
    時間:11:00~19:00
    ※弊社は少数スタッフしかいませんので、完全予約制とさせて頂いております。
    ※お写真の送付依頼や展示会のご質問は以下よりお電話またはEmailにてご連絡のお願いします。
    案内状と絵型を添付させて頂いております。
    下代も記載済みですので、どうぞご確認をお願いします。
    ※弊社のサイズはS~3L、M~4Lとなっております。
    ※LL、3L、4Lサイズは価格が変わります。
    何卒よろしくお願い申し上げます。
    _________________________

    株式会社わんピース
    代表取締役 山口 悠介
    〒542-0081
    大阪府大阪市中央区南船場 1-6-12 ブルーク長堀橋ビル8階
    TEL:06-6264-0002 /  FAX:06-6264-0112
    携帯:090-2193-0442
    【バングラデシュ:(88)018-4305-6394】
    Mail:yamaguchi@onepi.co.jp

    _________________________

     

     

  7. バングラデシュ 誕生日


    バングラデシュでビジネスを開始して、2年が経過。

    なかなか思うように行かないビジネス。

    しかし、お客様やバングラデシュの工場、そして弊社スタッフの協力のおかげで、
    なんとか今日までやってこれた。

    本日、1月6日は私の誕生日である。

    改めて、皆に感謝である。

     

    本日もデニムの打ち合わせの後、レザーのビジネスの商談をしながら、
    今でも仕事を続けられている事に、改めて感謝である。

     

    本当にこの世に生まれて、今のスタッフと仕事が出来る事に感謝である。