バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュで仕入れ価格の見つめ直し


    バングラデシュでデニムやカットソーを生産している弊社はここ最近、多くのメーカー様や小売店様よりご依頼を頂いている。

    円安の影響が利益を圧迫し、小売り価格上昇までの影響はまだ出ていない。

    皆、利益を詰めてなんとか頑張っているが、各社今後の早急に円高になるとも思っていない。

    そのため、仕入れ価格を見つめ直す事が早急の課題となっている。

    中国で生産していたメーカーや、そのメーカーから購入していた小売店が原価を見直すためには、生産国や仕入れメーカーを見直す事が必要だと考えている。

     

    弊社では自社企画の卸売り

    お客様から依頼のあった製品のOEM

    バングラデシュの工場に対する生産管理の代行

     

     

    バングラデシュにて各社の要望に対して期待以上のパフォーマンスを見せれるのが、わんピースであると自負している。

     

  2. バングラデシュの大型連休


    衣料品の業界では、海外生産をしているほとんどのメーカーが中国の旧正月というのが1つの問題の原因となっている。

    そのメーカーから仕入れている小売店も中国の旧正月による納期遅れの経験している。

    中国の旧正月といっても最大でも10日くらいだが、これが原因で1ヶ月遅れというような納期遅れも話に聞いた事がある。

     

    バングラデシュの場合、2月の旧正月では無いが、まさに現在の7月末〜8月に最大の大型連休がある。

    イードという連休なのだが、中国の旧正月同様、連休前や連休明けの納期遅れが多く発生する。

     

    連休明けなのに納期が遅れる理由は、帰郷したスタッフが戻ってこない。

    戻って来たが、仕事モードへの切替が遅く、生産スピードが遅くなる。

    など、様々である。

     

    中国同様、休み前のボーナスを休み後にすればスタッフは戻ってくるのだろうが、休み前のボーナスが当然の文化となっているため、なかなか改善はされない。

     

    今年は8月3日より順次、工場が営業し始める予定である。

     

  3. バングラデシュとの気温差


    バングラデシュへの渡航回数が28回目となる今回の出張。

    今のバングラデシュは日中の気温が36度、大阪は19度。
    大阪では長袖を来て、軽く羽織ってという夜の便で出発し、タイ経由でバングラデシュに到着しました。

    すぐに空港に来た迎えの車の中でTシャツに着替えました。

    最近、バングラデシュで4度目の引っ越しをした所で、私の部屋のクーラーの設置が出来てませんでした。

    シャワーを浴びて、社内ビジネスミーティング、その後、工場で生産管理ミーティング。

    飛行機での移動疲れから仕事をしたので、くたくたで帰宅し、すぐさまシャワーを浴びて、寝ようと思っても、暑くて寝れませんでした。
    気温差と持ち前の暑がり。更には疲れがたまっていた事もあり、2時間ごとに起きていたので、寝た気がしません。

    明日、工事します。

  4. バングラデシュではSKYPが。。。


    バングラデシュへの入国が29回となった私は、現地の生産体制が安定した事、工場との関係が良好な事、現地従業員が少しではあるが成長した事など、様々な理由から、現在バングラデシュへの出張を減らしつつある。

    また大きなポイントはやはりインターネット環境である。

    まだまだ日本とはほど遠い通信環境ではあるものの、4年前と比較するとネットの環境がかなり改善されている。

     

    現在、全ての取引工場には無線LANの配置とSkypeのインストールをお願いしており、日本でも定期的にskypにてビジネス会議をしている。

     

    電話ではなく、TV会議なので、製品を確認しながら会議が出来るので重宝している。

     

    しかし、日本ではskypはスカイプと発音するが、バングラデシュではスカイピーと発音する。

    柔軟な性格の私は、日本の友達をskypを活用して通信している時に自然とスカイピーといってしまった。

     

    バングラデシュとビジネスしているのが確実に影響している。

  5. バングラデシュの情勢が安定


    今年の中旬くらいからバングラデシュの情勢も安定してきている。

    バングラデシュのような発展途上国では政治が安定しているという事が経済に直撃している。

    経済損失などよりも優先するものが多く、宗教や政治となるとビジネスは2の次となる。

     

    バングラデシュで情勢が不安定だった昨年末は弊社としても納期の遅れが発生した。

    デニムやカットソーの生地が工場に届かず、工場の生産スケジュールが何度も変更された。

     

    ようやく今年になり安定してきているので、これからはバリバリと日本の小売店様の仕入れ先としてお役に立ちます。

  6. バングラデシュで要注意


    バングラデシュでビジネスを初めて2年今年も、1ヶ月続いたラマダンが明けた。

    バングラデシュの国民は日本人の私からすると信じられないくらい浮かれており、町中がお祝いムードである。

    ダッカに出稼ぎに来ているバングラデシュ人が一斉に故郷に向かう為、バスの渋滞は酷いが、イードホリデー中はダッカでは珍しいくらい人がいない。

    しかし、気をつけなければ行けないのは、工場を含め、現場で働いているバングラデシュの国民は連休前になると集中力がかけて、ミスの発生が多くなる事である。

    イード前に出荷した商品から不良が見つかったのである。

    日系の第3社検品を通しても少なからず問題が発生したので私としてもビックリしている。

    余裕をもった納期管理を行っていたが、断食による生産効率の低下が原因で、納期のスケジュールが狂い、余裕の無い時間で行う仕事によるミス。

    今回も発生させてしまった。

    弊社も再度考え直す必要がある。

     

  7. バングラデシュのスーパーマーケット


    バングラデシュへ来て約2年半が経過している中、普段の生活用品の調達は商店(日本でいうキヨスクのような規模)で行っている。

    しかし、近年バングラデシュでは総合スーパーが目立つようになってきた。

    野菜やお肉は市場で、その他生活用品は商店で行っていたのだが、割高なスーパーマーケットがバングラデシュでも中間所得層以上に支持を得ているように感じる。

    市場や商店よりも多少割高でも便利な点が支持を受けているという点では、日本でいうコンビニ市場の拡大に近いかもしれない。

     

    商店からスーパーマーケットへ、スーパーマーケットからコンビニへ。

    日本での時代を振り返っているようである。

     

    国内生産から中国生産へ、中国生産からバングラデシュ生産へ。

    弊社も世界のビジネスの時流に乗って成長したいところである。