バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュで小ロット

    バングラデシュでビジネスをして8年目
    私が現地を理解し、ビジネスをスタートさせた2010年。
    バングラデシュで小ロット対応してくれる工場は非常に少なく、特にデニムについては9ヶ月で500件の工場を回って2工場でした。

    現在、弊社で行っているのはデニム、カットソー、ニットである。
    素材によって生地のロットも変わるが、縫製ロットでいえば

    デニム 500枚〜/型
    その他布帛 500枚〜/カラー
    ニット(バングラ素材) 300枚/カラー

    上記が弊社の小ロットである。

    もちろん生地やカラー展開、同一生地を使った多型展開など、条件によって上記の条件からも上下する。
    ネット通販様などに多い、差し色での小ロットも対応可能です。

  2. バングラデシュで自社工場スタート

    バングラデシュへ進出して8年目、ついに自社の工場をスタートしました。

    工場名はonepice fashionです。

    やはりバングラデシュという国で自前で工場を持つとなると、色々と考えてしまいます。
    メリットは多く、特に小ロットで縫製してくれる工場が少なくなった昨今、自前の工場を持つ事は非常に重要な位置づけでした。

    しかし、心配も多く、当初より心配していたのは

    1.初期投資
    土地や建物、機会の導入など初期投資費用

    2.ランニングコスト
    従業員(弊社の場合100名弱)の給与や電気、ガスなどのインフラ費用

    3.カントリーリスク
    政権交代や法律改正などによる外国人オーナーのリスク

    などです。

    しかし、今回上記の3点のリスクを極端に低下させて自社工場をスタート出来る事になりました。


    1ラインの布帛工場で縫製しているのは全て弊社の商品のみです。

    今後の小ロットOEM体制強化や品質の安定に繫がるように継続して行きます!!


    ツイル、デニムなどをより小ロットにより高品質に

    価格分の価値をより高めた生産をご期待下さい。

  3. バングラデシュとお酒

    バングラデシュでビジネスをする中で重要なのが、現地の駐在スタッフである。

    求人募集を出せば、そこそこ問い合わせは来るのだが、実際に会社として欲しい人材は中々集まらない。

    ハードルを下げて採用した場合、やはり続かない。
    バングラデシュで8年目を迎える弊社もやはり今まで何度もこのような問題に直面して来た。

    弊社の場合は「アパレル知識と語学力」この部分を最も重用視して採用活動を行っている。
    しかし、中々集まらない。。。
    弊社の周囲の会社に聞いても同様の悩み。。。。

    あくまでも仮説であるが、私が考えるバングラデシュで日本人が駐在する事が難しい理由として考えられるのがズバリ「娯楽」が無い。という点である。

    その他にも環境や宗教、食事などがあると思われるが。。。

    バングラデシュ以外のイスラム教徒圏内でビジネスを展開している企業も同様の悩みを抱えているかも知れないが、バングラデシュの場合は非常に日本とは違った文化や宗教が形成されているため、中々長期で駐在する事は難しい。

    食事やお酒は持ち込めばいいし、少し高いが現地でも購入する事が出来る。

    しかし、周りの人達が全く飲まないのに自分だけ飲む事は楽しくない。

    たまにバングラデシュの工場のオーナーに誘われて飲みに行く事もあるが、多くの現地人は「酒」=「特別」という位置づけのため、高い可能性で飲み過ぎる人が出てくる。

    大学生のように。。。

    小ロットのOEMで生産している弊社に付いて来てくれている工場のオーナーならば、ペースを守って、小ロットで飲んで欲しいものだ。。。。

  4. バングラデシュで短納期


    バングラデシュで小ロット生産をしている弊社は、次なる目標として掲げているのは短納期である。

    小ロットにしろ、短納期にしろ、中国や韓国などの生産に比べると到底勝てないので、バングラデシュ生産の中で1番を目指している。

    価格は安く、サービスは高く。

     

    価値/価格と言う事で進めているため、

    デニムは1型500枚〜

    と言う事でインターネット通販のお客様を中心にオーダーを頂いている。

     

    しかし、いまだにお叱りの言葉を頂く事も事実。

    一番多いのは納期。特にサンプル納期である。

     

    サンプルを早くあげる事が、中国や韓国との商売がベースとなっている日本のアパレル産業を満足させる商習慣やインフラが整っていない。

    その為、常日頃から考えており、ついに弊社専用のサンプル工場をリース契約する事を決めた。

     

    この強みを活かしたサンプル生産を3ヶ月以内に軌道の乗せて、サンプル作成期間を圧縮。

    さらには自社で現地パターンナーを採用し、更にサンプル作成期間を圧縮していく予定である。

  5. バングラデシュでの経験


    バングラデシュでビジネスを行い、様々な経験をさせて頂いている。

    何度も騙され、工場オーナーが逮捕され、政治家より賄賂を要求され、工場が消息をくらまし、工場が倒産し、

     

    など、本当に様々な経験をしている。

    学生の頃は先生が教えてくれていたが、社会に出るとこのように自分で自然に学ぶしかない。

    人と違う事を、人が行かない国で行っているため、費用は高くついたが、人と違った学びを日々体感していると感じている。

    バングラデシュでデニム、Tシャツ、レザーバッグを小ロットで生産する会社として1番になるため、日々勉強中である。

     

    過去の問題は解決したものもあれば、解決していないものもあり、現在でもバングラデシュの弁護士にお願いして問題解決をしている。

    現在は坂道を上っている最中で最もしんどいと感じるのだろうが、最も刺激的であるとも言える。

    毎日を大切に行きていこう。

     

  6. バングラデシュで小ロット


    バングラデシュで小ロットというのは非常に難しい。

    今でも多くのお客様に言われる問題である。

    しかし、日本に出来て、中国に出来て、バングラデシュに出来ないはずはない。

     

    これが私の基本的な考え方である。

     

    もちろん、日本よりも、韓国よりも、中国よりもロットは大きいが、
    少しずつ小ロット体制も出来てきている。

     

    継続は力なり。

     

    デニム、布帛、カットソー、レザーバッグ など弊社はまだまだビジネスを深堀りして、広げていきます。 
    OEMも自社企画もまだまだ未来があります。

    バングラデシュを通じて日本で革命を起こします。

    日本の市場が求めている小ロット。
    バングラデシュが求めている大量ロット。

     

    この高い壁を超える事に未来はあります。

     

    もちろん現在はメーカー様からのお仕事も頂き、大きなロットもOEM生産しております。
    まだまだ、バングラデシュでは小さなロットと言われますが。。。

     

    工場に理解してもらい、日本のマーケットを伝えていくのも私の使命です。