バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュ 交通事情


    バングラデシュ  バスと言ってもいろいろござんす   10月9日

    最近バングラデシュでの生活にもようやく慣れて、通訳青年に頼ってばかりいた頃に比べるとすこしづつ自立した行動が出来るように成った。

    その一つ、この地でバスに乗ると言う経験である。

    ひと口にバスに乗ると言っても、この地のバスの混雑事情は並大抵の事では無い。

    バスには人が常に満載、溢れかえらんばかり、この地の文字が読めない為に

    どのバスに乗っていいのかさえ分からない。

    おまけにダイヤと言う発想がこの地のバスには全く無く、バスだと言うのにどこででも客を拾うし又客が降りたければ、どこでも降りる事が出来る。

    一見便利なこのシステムも、言葉が通じて行き先が理解できてならでの便利さである

    そしてもっとも日本のバスと違うのは、バスがバス停に来てもきちんと停車しない事である

    少しスピードを落としては降ろし、又拾うの繰り返しなので乗り降りの安全確保は

    客の側の責任と言える

    もっともバス停付近はいつも渋滞しているので、道路を横切ったり、リキシャが異常接近

    して来たりでスピードは自然と調整されているようだ。

    ただ一つだけ言えるのは今までに私が乗ったバスは常に満員だった。

    種類は4種類

    メインロード脇にキチンと切符売り場を構えて切符の前売りをするバス

    比較的に市内遠距離を走る

    乗ってから切符売りのお兄ちゃんに行き先を告げて切符代を払うバス

    このバスも比較的に遠距離を走るが、走る路線が日により時によって変わるらしい

    そしてもう2種類は大型のマイクロ車をバス用に改造した比較的に短い距離を走る

    中型バスと箱バンに長椅子を置いただけの近距離小型バスである。

    この4種のバスをたくみに使い分けて乗れるようになったら、どんなにか便利だろうと

    思うが、バングラデシュビギナーの私にはまだまだ無理である。

    バスの中は人々の熱気で溢れ、乗り合わせた人々の体臭と燃料ガスの体臭を隣り合わせの移動となる

    ただ満足に現地の言葉が話せない私でも何とか目的地につけるのは

    乗り合わせたバスのお客の中に必ず英語で片言の助け舟を出してくれるとても親切な

    人が居るからだ。

    切符売りの兄ちゃんも、又同乗しているお客も共に日本人にはとてもフレンドリー

    なのが大いに助けに成っている。私が片言英語で有難うと言えば、等しく

    ちょっと顔を斜めにかしげて、なんのなんのとでも言っているような優しさ溢れる

    笑顔が何ともチャーミングである。 こんな大勢のバングラデシュの人たちに囲まれながら

    少しづつ自立に向けての練習をしている今日この頃で有る。

    ㈱わんピース  プロダクトマネージャー  小山

     

  2. バングラデシュ 一人だけの記念日


    いよいよ此処バングラデシュで10月1日を迎える事と成った。

    10月1日と言えば、日本やこの地では特別な意味のある日ではない。

    しかし、中国を含めた中華圏では今日がまさに国家建国の祝日なので有る。

    その名も国慶節(グオチンジェ)と言う。

    かつて中国で出向生活をしていた私にとっても思い出深い日なのである。

    日本でも各地に有る中華街では何発もの爆竹と共に盛大なお祭りを行うので

    ご存知の方もいよう!

    中国の友人からもお祝いのメールが届いた。

    今私はとある国慶節の一日を思い出している

    その日私はたった一人であの地上の楽園とも言われている杭州西湖に

    観光小旅行に出かけた。

    通訳も連れずに、しかも国中がお祭り騒ぎのど真ん中の一日に一人で行ったのは

    今から考えると無謀と言う他なかった。

    おりしもその日の午後から杭州は雨に見舞われた。

    タクシーや、マイクロバスの周りには人だかりが出来てとても言葉が充分に話せない

    私などが交渉できる状況では無かった。

    李白の故事で有名な白提の東側に有る断橋残雪のたもとのメインロードで

    空きタクシーを捜す事約2時間、それでもなかなかつかまりそうに無い。

    これではこの地から15キロhほど離れた私の住まいまで帰る事も出来ない

    このままここで過ごす訳には行かないし、どうしたものかと方にくれているところ

    一台のボックスカーが近づいてきて、大きな声で150元150元と連呼していた。

    とっさに私はこの車がその頃中国で横行していた白タクだと見抜いたが

    背に腹は変えられないとばかり、必死の思いでたどたどしい中国語を駆使して交渉の

    結果何とか120元で住まいのアパートまで帰る事が出来た。

    6時から始めた帰り支度が時すでに夜の11時だった。

    後で中国人の友人にこの時の事を話すと、それ危険やら、もったいないやらで

    あきれ返っていた。

    この場所から私の住まいまで通常の正規乗り合いタクシーで帰るとたったの10元も

    掛からない距離だったからである。ちなみに公共バスだとわずか4元

    ただし、この時の一人旅での西湖小旅行は、それまで絶えず通訳同行で行動をしていた

    私にとって初めての経験だったので、こころの自立と言う意味で大いに意義の

    有る一日となった。

    きしくも、その10月1日にあたる今日、私は今又ここバングラデシュで新たな生活を始めようとしている。

    この地でわが社㈱わんピースが初めて雇用する英語通訳のA青年と同じアパートの

    一室で同居する事に成ったからだ。

    中国でのこの時の経験が力に成ってその後、仕事を離れた所では少しづつ自立出来るように成ったが、もちろん今日から始まるA君との生活においても、自立をめざして

    頑張りたいと思っている。

    そう言うわけで今日10月1日は私だけの自立に向けての記念日でもある。

    ㈱わんピース  プロダクトマネージャー  小山


  3. バングラデシュ このやさしさは何処から?


    9月26日

    月曜日、この日は今まで仕事が忙しくてなかなか休みが取れなかったので、月曜日では有ったが休養日とする事にした。

    今日はかねてから行きたかったバングラデシュ国立動物園に朝から向かった。

    リキシャかCNGと言われる三輪バイクに幌をつけた乗り物で行く方法も有ったが

    一度この地の乗り合いバスに乗ってみたくて、さっそく試してみる事にした。

    聞くところによるとこのダッカでは2種類の公共バスが有ると言う。

    乗ってから運賃を払うタイプと路肩の一定距離置きに有る発券所(と言っても

    ただ机が置いてあるだけだが)で事前に購入するタイプである。

    前もってチケットを買うタイプの方がバス内部も断然きれいらしい。

    この日私は住まい付近のメインロードでさてどんなバスに乗って動物園まで行こうかなあ~と迷っていると一台の汚いボロボロで人が一杯のバスが近づいて来た。

    私はえ~いままよとそのバスが少しスピードを落としたすきをめがけて飛び乗ってしまった。

    バスの中はぎっしりと人々がひしめき合っていた。

    実は英語、現地語のベンガル語共にキチンと話せない私としては、この日の為に

    英語でバングラデシュ動物園と言う文字を書いた一枚のメモを持参していた。

    初めての地で方向感覚がなかなか分かり難かったが、そのバスが私が事前に調べていたところを通り過ぎようとしていたので、あわてて隣のバングラデシュ男性にそのメモを見せて身振り手振りで教えを請うとその男性は自分の隣の男性にメモを見せて聞いてくれた。

    表情からどうやら英語を理解できない様子だったので、半分諦め負けていたら、何と更にその隣の男性、又隣の男性へとメモを回し始めたではないか。

    私は不安半分でいったいどうなる事やらと思っていると、その中の二人の男性が

    身振りであ~しってるよと言う表情を見せて、自分について来いと私の同行を促した。


    ここでも心配性の私は一瞬躊躇したが、そんな私には一向にお構いなく

    彼ともう一人の男性は一端バスを降りて、近くのリキシャの運ちゃんと何か話し込んでいる

    いったい何がなんだか分からなくなった私が、目をきょろきょろさせていると

    やっと話終わったその男性が私に向かって、このリキシャで行けば動物園に着くよ

    と言っている。しかもリキシャとの間でその間の料金まで交渉済みだった。

    彼が交渉してくれたリキシャの運賃はこの地に不慣れな私でも充分に納得できる

    料金25TKだった。

    私のメモを見た二人の男性が、自分の目的よりも、見ず知らずの私の為にわざわざ

    いったんバスを降り、しかもリキシャと交渉して動物園までのアテンドをしてくれるとは

    正に親切も此処まで来ると有り難いと言う思いよりも驚きの方が先に来る。

    日本人でここまでして見知らぬ外国人をもてなしてくれる親切な人がいるだろうか?

    田舎のお母さんやおじさんなら居そうな気もするが、私がこの親切に遭遇した街は

    バングラデシュ一番の大都会ダッカでの事なのである。

    見知らぬ現地の2人の男性にはもちろんの事、最初に相談したおじさんにも

    又私の一言のメモを隣となりにまわしてくれた人々のやさしさを決して忘れない

    バングラデシュに入国していらい、総じてにこやかで親切な人々だと言う

    好印象をもっていた私だったが

    今日のこの日の出来事は生涯私の心に深く刻まれれるだろう

    まさにバングラデシュ流エトランスである。

    ㈱わんピース プロダクトマネージャー 小山

     

  4. バングラデシュ ホームアローン生活1


    今日9月17日は休みをとったので、午前中はアパートでゆっくり過ごした。

    そして午後からはかねてからの念願の2つの内の一つである、アパートから市内中心部よりに有る当地でも有名なコンピューターデパートに出かけた。

    朝降っていた雨も止んでいたので、歩いていく事にした.

    付近のマーケットを横目にしながら歩く事、約40分ようやくそのデパートに到着した。

    入り口ではボディーチェックを受けて中に入ってみると、建て物の構成がスクウェアー形式になっており、吹き抜けのフロアーを見上げると4階から一階までの、右サイドにはノートン、左サイドには富士通の垂れ幕がひときわ目立っていた。

    コンピユーターの種類はアメリカのデル、HP、韓国のサムスン、台湾のエイサー、日本のソニーと富士通が所狭しと並んでいた。

    実は今日私が見たかったのはコンピューターではない。仕事上かなり不便を感じている

    印刷業務の効率化の為に自社で使うプリンターを探したかったのだ。

    プリンターの方も何社か出店していたが、なんと言っても一番目立っていたのは

    キャノンだろう。 早速値段を確認するとpixma MP-276と言う機種で

    6000TKだと言う。おそらくディスカウントを要求すれば5700TKくらいには

    成るのではないだろうか!?この機種はキャノンの外国仕様の機種で調べてみたら

    定価$99だった。

    日本での同機種の想定価格をもしつけるとすると約10000円程と思われるので

    4割程度安くなる事に成る。インクジェットの方はと言うとブラックで約1000TK

    3色カラーSETで1450TK、プリンター本体と比べると結構高いように思われる。

    ランニングコストに問題が出そうだ。

    とりあえずは資料を集めて次の目的であるわが町の街の端に有る消防署を

    訪ねる事にした。

    リキシャで行くかCHG(ガス燃料の大き目の三輪車)で行くかバスで行くか?

    瞬間迷ったが、ちょうどその時にボロボロでは有るけど、比較的に空いていそうな

    隙間が見えたので(普段のバスはほぼ満員ですし詰め状態である)、え~いままよ

    とロースピードのバスに飛び乗って見た。

    この国に入国して以来、一人でバスに乗るのは始めての経験である。

    この地のバスは集金も兼ねた車掌と客呼び込みのボーイと運転手がSETに成って

    運行されているらしい

    車掌が話すベンガル語を分かりかねている私を見て、客の男性の一人が英語で金額を

    教えてくれた。私はお礼も込めて自分が仕事で来ている事や住んでいる地名のやり取りをしたのだが、彼も笑顔でうなずいてくれた。びっくりしたのは、その彼が降りた後、バスが私のアパートの近くまで来た時に、全く面識の無い一人の男性が私の肩を軽くたたいて

    ここがアパートの有る所ですよと言わんばかりに、地名を連呼して教えてくれた事だ。

    今日の私は、アパートより更に先の繁華街に有る消防署を尋ねる予定だったので

    軽く会釈をして御礼を言った。仕事面では苦労しているが、やはりバングラデシュの人たちは圧倒的にやさしく、人懐っこく、親切である。

    日常的な交通渋滞、ぎゅうぎゅう詰めのバスなどバングラデシュの交通事情は本当に庶民の足を引っ張っているが、そんな中でもここにクラス人々はたくましく、そして明るく生きている。きっとこれからのバングラデシュの経済発展を底辺で支えるのは、こんな人たちなんだろう。

    ㈱わんピース プロダクトマネージャー  小山

     

     

     

     

  5. バングラデシュ 花の香りと右手と左手


    バングラデシュに入国した時に、かつて中国上海の発展途上時代に虹橋空港から

    市内に向かう車の中で感じた強烈なカルチャーショックを思い出した。

    人の多さ、土埃、近代的の物と昔日の物との入り乱れ、やたらと鳴らすクラクション

    物乞いの多さ、平気で道路に唾する人々、街中に異臭を放つ腐乱物等々

    4つ星のホテルに入っても、どこか粗末な部分が残っており、石鹸やタオルや水道の水も

    鉄臭がすると言うような事が次々と思い出されてきた。

    しかもそのどれもが当時の上海と比べてもまったく格が違っており

    有る程度は案内本で知識を得ていたが遥かに私の想像を上回るものだった。

    ところがである、ホテルでシャワーを浴びた時に感じたのだが、私たちが泊まった

    ホテルの石鹸だけは、実にいい香りがしてきて、それまでに感じた田舎臭さや

    未開の地的な印象から一気に部屋中を高級感ただよう5つ星級ホテルの一室に

    変えていた。

    その後、バングラデシュ料理の店に行った時も、協力工場の社長宅におじゃま

    した時も同じように、人々が手を洗う都度、あたり一面になんとも言えない

    花の香りが漂うのである。

    しかし同時に私の頭にもたげてきたのは、このバングラデシュでなにゆえ石鹸だけが

    日本の高級石鹸にも負けないほどの香りを持っているのだろう???

    と言う素朴な疑問である。

    この答えは私たちが住まい近くのレストランで食事をしている時と

    わが社わんピースのデニム製品の協力工場の自宅でトイレを使わせてもらった時

    に判明した。

    ダッカの中心街となると日本料理店や世界各国の料理店が有るようだが

    私の住んでいる街には主にKFC及びそのまがい物店か地元料理店しかない。

    私たちがその地元料理(バングラデシュ料理)店で食事をしていると、男女を

    問わず、すべての人が右手の指だけを巧みに使って口に運んで食事をしていた。

    チキンやバーベキューなどの比較的にちぎりにくい物も、やはり右手しか使わない

    私は、不思議に思ってわが社の社長に聞いてみたら。社長曰く

    『左手はトイレでお尻を拭く時に使います。』……

    しばしの絶句の後

    そう言えば、くだんの協力工場社長宅に我々のアパートの設備が完備する一夜だけ

    泊めてもらって、朝トイレを借りた時の事を思い出してしまった。

    私は本当に驚いてしまった。なんとそのトイレの中には紙が無かったのだ。

    有るのはプラスチックの手スクイ桶と水道からのびたホースだけ!

    お~MY GOOT(お~私の紙よ!)

    幸いかばんにティッシュを用意していたので私は、一度部屋に戻って

    貴重な紙を何度か折りたたみながら使用した。

    そうか!こっちの人はトイレの時も左手を使うのか!やっと納得出来た次第である。

    両手に纏わり付く食べ物やウンチを手早くきれいにし、なおかつ匂いを消す

    一番良い方法!それが香りの強い石鹸を使う事だったのだ。

    そういえば、その風習に慣れない私が左手と右手を使って食事をしている時

    いたるところからの視線を感じる。

    その視線が私が外国人からなのか? 彼らが思う左手を使って食べ物を取り分けている

    からか? その真意は分からない。

    考えてみると、生活のあらゆる場面で手や頭を使って物をつかんだり移動したりと言う

    習慣はごくごく自然の事かも知れない。

    箸の為の木材は不要

    トイレでの大量の紙は要らない

    しかもおつうじ後すぐに水で洗い流す   これほど経済的で清潔な事は無い

    カルチャーとは相対的なもので、唯一のカルチャーが絶対ではない事を私に知らしめた

    バングラ事情で有った。

    ㈱わんピース  プロダクトマネージャー 小山

  6. バングラデシュ 交通事情


    9月13日 昨日からここバングラデシュは異常な暑さに見舞われている。

    8月10日に入国して以来、初めてと言っても良いくらいの熱暑である。

    昨日12日は午後から市内の協力工場を訪問する事になったのだが、この日は熱暑に加えて今までに無いような大交通渋滞の洗礼を受けた。

    通常スムーズに行けば私のアパートから30分もかからず着くはずのその協力工場には一時間半もかかってしまった。

    悲惨だったのは、工場でサンプル等の打ち合わせをした後帰路についた時だった。

    折り悪く工場を出た頃から雨が振ってきて、それがただでさえもこの時間には込み合う市内の交通渋滞に火を注いだ様な格好になってしまった。

    支線はおろかメイン道路にもびっしりと車やリキシャがひしめき合い

    前後の車間距離はほとんど無いに等しく、横寄せも恐ろしく狭い間隔まで詰め寄せてくる

    まるでうなぎがたらいの中で周りを掻き分けながら先を争っているような具合なので

    5cm10cmの幅寄せなどは平気のへいちゃらで有る。

    ところで私が受けた悲惨な洗礼とは、この時の交通渋滞での体験だった。

    折り悪くこの日バングラデシュはみんなの息が上がる程風の無い過酷な一日に成ってしまったので、狭い電動リキシャの車内はまるで蒸し風呂の様であった

    その上周囲に押し寄せてくる車からの排気ガスを吸わされ、ようやく走り出したと思ったら、今度は細かい微粒子の様な砂ほこりが身体中に纏わりついてきた、リキシャの運転手は渋滞のさなかでも適当に運転席から外に出て涼を求める事が出来るが私と通訳の青年はまるで檻に閉じ込められたサルの様に、暑さにもだえながら

    一刻も早くアパートに着きたいと願う事しか出来なかった。

    数時間も閉じ込められたまま排気ガスを吸わされ、そのあげくでこぼこ路にゆすられっぱなしだった私は、しだいに気分が悪くなり頭もぼーとしてきた。

    7時前に出発してアパートに到着したのが、なんと9時過ぎ、通常30分で移動できる距離なのにである。

    おかげで本来ならばはらペコに成るはずの私のお腹具合は、いっぺんに食欲を無くしていた。

    一方こんな事に慣れっこの通訳青年はバンガリー料理店でいつもと変わりなく注文したメニューを

    完食したが、私のお腹はもはや水とサラダしか受け付けなかった。

    異常な熱気、絶えず鼻先に吹きかけられる排気ガス、全身にまとわりつく砂塵、この最悪の環境に対し、入国して以来大概の事には驚かなかった私も、今日のこの3重苦でここバングラデシュの異常な交通事情を思い知らされた一日と成った。

    ㈱わんピース

    プロダクトマネージャー  小山

     

     

     

  7. バングラデシュ生活一ヶ月経ちました


    朝夕の風が少しづつ肌寒く感じる今日9月9日

    私たちがバングラデシュに入国してちょうど1ヶ月目に当たるが、同時に帰国後日本での仕事が山積みの社長の帰国日でもある。

    入国した時と打って変わって私たちの住む街からダッカ空港まではとてもスムーズで

    タクシー30分程で到着した。

    見送りは私と通訳A君と協力工場の社長の3人

    3人で社長が空港内ロビーに入っていくのを確認して、私たちはダッカ市内に向けて

    帰路についたが、今度は来た時とは違い、渋滞に巻き込まれ約45分ほどかかってしまった。方向と時間が少しずれると、悲惨な渋滞に巻き込まれるのがこの国の交通事情で有る。

    社長は留守中、本社に集中したアポイントをこなす為超過密な日本での仕事が待っているし、私の方は、いよいよ明日から本当の意味での自立生活が始まる。

    今まですべてを社長に寄り添って行動をしていた分、明日からは公私共に色んな試練が待ち受けているように思う。

    なるべく早く自分なりの生活パターンを確立し、一歩一歩前に進みたいと考えている。

    ㈱わんピース

    プロダクトマネージャー 小山