バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュで小ロット

    バングラデシュでビジネスをして8年目
    私が現地を理解し、ビジネスをスタートさせた2010年。
    バングラデシュで小ロット対応してくれる工場は非常に少なく、特にデニムについては9ヶ月で500件の工場を回って2工場でした。

    現在、弊社で行っているのはデニム、カットソー、ニットである。
    素材によって生地のロットも変わるが、縫製ロットでいえば

    デニム 500枚〜/型
    その他布帛 500枚〜/カラー
    ニット(バングラ素材) 300枚/カラー

    上記が弊社の小ロットである。

    もちろん生地やカラー展開、同一生地を使った多型展開など、条件によって上記の条件からも上下する。
    ネット通販様などに多い、差し色での小ロットも対応可能です。

  2. バングラデシュの成長性

    バングラデシュにてビジネスをしていると、お客様のアテンドをすることも屢々。

    その際、結構なお客様が言われるのが、

    「凄い所ですねー」、「中国の20年前見たいですね」

    というような内容。

    20歳からバックパッカーをしていた私でもバングラデシュの環境や現状を理解している。

    また理解したうえで、バングラデシュが最も得意なアパレル産業のビジネスをしている。

    そのようなお客様に私が決まって言うのが、

    「だから、弊社見たいな小さな会社でも頑張れるんですよ!!」


    優れた環境や、住みやすい国や地域であればある程、競合プレイヤーは多くなります。

    そのようなプレイヤーが多い地域で生き残る為には秀でた経験や秀でた資本力などが必要となります。


    しかし、バングラデシュのようなニッチなマーケットだと、秀でた経験のある会社や秀でた資本力のある会社とwin winの関係で仕事をする事が出来る。


    デニムでスタートした弊社ですが、今では布帛全般、Tシャツを含めたカット全般、ニット等
    商売領域を拡大し、何とか現状があります。

    今後も成長していくであろうバングラデシュと共に弊社は成長して行きたい!!

  3. バングラデシュの生地

    バングラデシュの生地は中国に比べるとバリエーションも少なく、
    市場なども中国よりも圧倒的に小さい為、小ロットで生地を手配する事が非常に難しいです。

    そのためバングラデシュで小ロットを生産するには小ロットで生地を安定的に入手する必要があります。

    市場で見つけた生地も次の日には無くなっていたり、生地に別の生地を混ぜられていたり、問題も多く発生します。

    バングラで小ロットOEMをお考えであれば、まずはわんピースへお問い合わせ下さい。

    布帛(デニム、チノ)、カット(Tシャツや裏毛)、ニットが出来ます。

  4. バングラデシュを改めて思い返すと

    バングラデシュで仕事をしていると驚かされると同時に
    日本がいかに恵まれている環境かを痛感する。

    様々なタイプの人間が世の中には存在する。
    いずれバレる嘘を仕事でする事がバングラデシュではよくある。

    日本でもそういう事はちらほらあると思うが、ごく一部だと思う。

    しかし、現地では日常的にそのような事が発生している。

    バングラデシュの荷物遅延が2ヶ月3ヶ月なんて話を聞いた事も。。。

    苦労無く、簡単にバングラデシュで安定生産が出来るのであれば、
    日本国内でのシェアの割合はもっと高くなっているはずである。

    いかに短所を是正し、長所を伸ばすことで、弊社の強みを活かし、
    今現在の段階から、市場でバングラデシュ生産が常識に変わる迄をチャンスと捉えて行きたいと考えている。


    バングラデシュに来て、デニムOEMからスタートして、7年目が終わる。

    今ではデニム、ツイル、カット、Tシャツ、ニットの自社企画、OEM事業が出来ているのも。。。

    日々成長させてくれるバングラデシュに感謝である。

  5. バングラデシュでの存在感

    バングラデシュでビジネスをする際、信頼関係が必要である。

    2011年1月よりバングラデシュでビジネスを開始し、500枚のデニムのオーダーを握りしめて、様々な工場を回った。

    その際、2つの工場しか手を上げてくれず、しかもその工場は、いわゆるモグリの工場であった。
    今でこそ理解をしているが、モグリの工場ではGSPの発行どころか、輸出する事も出来ない。

    これは500枚のオーダーが小さいという事ももちろん大きな理由ではあるが、まずは信頼関係が成り立っていないと事が問題である。

    今はデニム500枚でも問題なく、非常に良い工場で製造する事が可能である。
    ニットやカットは別にロットはあるが。。。

    長くする事でバングラデシュ内で噂が噂を呼び、今では何の問題も無く小ロットの生産が可能である。

    まだまだ、小ロットだとアップチャージは発生するが、中国の小ロットよりも価格が安く出来るところが強みである。

  6. バングラデシュの生地

    バングラデシュでは中国程、生地の種類が豊富ではない。
    その為、バングラデシュ向きの生地に特化しなければ行けない。

    しかし、バングラデシュで発見した珍しい生地などは中国よりも競争力があるため、非常に魅力的である。

    昨年はバングラデシュでカットデニム(ニットデニム)の生地を他社よりも早く生産し、今年はテンセルの生産を開始しました。

    バングラデシュでも生地の選択肢は年々増えて来ている。
    まだまだ中国程豊富ではありませんが。。。

    ビジネスが年々、広がって行く事を実感しております。

  7. バングラデシュでも日々向上するような心がけ

    バングラデシュでアパレルを生産している。

    弊社の強みである定番商品であるが、今後の可能性や短所の是正を考えて、弊社ではいつも向上するような挑戦を続けている。

    今年の春はシワ加工のコットンシャツ。
    インディゴ染めのTシャツ(カットソー)。
    ペイント&クラッシュの本格デニム。

    このように今迄挑戦しなかった商品の開発や加工など常に挑戦し続ける心がけが必要であると再度実感した。

    去年はバングラデシュ製のニットデニム(カットデニム)を調達し、安価な生産に成功し、弊社の新たな武器に成長した。

    今後お客様から喜ばれる事を最優先に、商品開発を続けて行こうと感じている。