バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュでも日々向上するような心がけ

    バングラデシュでアパレルを生産している。

    弊社の強みである定番商品であるが、今後の可能性や短所の是正を考えて、弊社ではいつも向上するような挑戦を続けている。

    今年の春はシワ加工のコットンシャツ。
    インディゴ染めのTシャツ(カットソー)。
    ペイント&クラッシュの本格デニム。

    このように今迄挑戦しなかった商品の開発や加工など常に挑戦し続ける心がけが必要であると再度実感した。

    去年はバングラデシュ製のニットデニム(カットデニム)を調達し、安価な生産に成功し、弊社の新たな武器に成長した。

    今後お客様から喜ばれる事を最優先に、商品開発を続けて行こうと感じている。

  2. バングラデシュ産ボトムス展示会2013年5月


    2013年5月展示会のお知らせです。

    今回は、夏から秋の立ち上がりアイテムの紹介です!

     

     

    新作ボトム 5型

    6月入荷予定商品デニム
    6月入荷予定カラーパンツ
    展示会日程は以下の通りです。
    日程:5月13日(月曜日)~5月17日(金曜日)
    時間:11:00~19:00
    ※弊社は少数スタッフしかいませんので完全予約制とさせて頂いております。
    ※お写真の送付依頼や展示会のご質問は以下よりお電話またはEmailにてご連絡のお願いします。
    ※弊社のサイズはS~3L、M~4Lとなっております。
    ※LL、3L、4Lサイズは価格が変わります。
    _________________________


    株式会社わんピース 山口
    〒542-0081
    大阪府大阪市中央区南船場 1-6-12 ブルーク長堀橋ビル8階
    TEL:06-6264-0002 /
    【バングラデシュ:(88)018-4305-6394】
    Mail:info@onepi.co.jp


    _________________________

     

    皆様からのお問い合わせ、ご来場をお待ち申し上げております。

    何卒よろしくお願いします。

  3. バングラデシュ ラマダン


    バングラデシュはイスラム教の国である。

    イスラム教の国はラマダンと行ってイスラム暦で1ヶ月間の断食を行う。

    今、まさにバングラデシュはラマダンのまっただ中、日の出前に食事をして、日没後に食事をする。

    このような生活が約1ヶ月間もつづくのである。

     

    イスラム宗教以外の信者はもちろん関係が無いので、弊社の駐在員もカレーを食べているのだが、
    レストランも普段と違い、中が見れないようになっている。

    また、イスラム宗教の進行が深い人々はタバコや水も口にしないという。
    なかでも本当に進行の深い人々は唾液も飲まないそうである。

    工場にて困るのは、空腹から従業員がイライラしはじめ、ケンカが起こる。
    また、空腹でパワーがなくなり、通常よりも生産効率が落ちる。

    弊社のデニムやコットン、ニット製品に影響が出なければいいが。。。

     

  4. ヒットの予感


    今月もバングラデシュ展示会を行なっております。

    今回もヒットを予感させる商品ができました。

    上代1980円でこの感じは良いです。

     

    最近はデニムよりもコットンの方が良いです。

     

    デニムの加工技術の向上と更なるコットン製品の新企画に注力します。

  5. バングラデシュ サルエルパンツ


    バングラデシュでコットン100%のサルエルのパンツを製造している。

    バングラデシュでデニムをメインとしてビジネスをスタートさせたが、最近は良品のコットンをしようした製品作りが多くなってきている。

    また、弊社をご利用頂いている弊社のお客様はネット通販の小売店様がメインである。

    レディースアパレルのカジュアルをネット通販の視点から見てみると、最近はサルエルのゆったりとしたパンツが人気がある。

    ネット通販と実店舗では同じ業界でも大きく違う点がいくつかある。

     

    ネット通販
    ・売れば売るほど商品が売れる

    ・サイズが測れないので、ページにてサイズを理解してもらう工夫が必要である

    ・売り場に制限がない

     

    実店舗

    ・売り場に制限があるため、同じ商品を販売するのには限界がある。

    ・試着をしてお客様が決定する為、クレームが少ない

     

    このように違いが明確にあるため、私個人としては全国商圏のネット通販市場には実店舗以上の可能性があると考えている。

     

    今回のコットンサルエルパンツもこのような期待を込めて製造している。

  6. バングラデシュ カーゴパンツ


    バングラデシュでレディースのデニムのOEMからスタートした弊社も最近ではコットンパンツやニットTシャツなど商品が増えてきている。

    2012年4月にオーダーを頂き、6月初旬に納品したアイテムの販売が好調である。

    メンズのお客様より1000本2色(各500枚)カーゴパンツのOEMをご注文頂いき、6月4日より販売を開始した。

    価格/価値が高い商品として販売、すなわち集客収益商品である。

    6月末の現時点でネットショップのみの単店販売ですでに400枚弱を販売した。

    お客様からの評価も高く、今後定番の商品となりそうである。

     

    バングラデシュのイメージとしては安かろう、悪かろうといったイメージを抱かれる人が多くいるが、弊社がもっとも得意とすることは価格/価値を高めた集客収益商品を開発し、トレンド性の少ないボトムを長く定番的に販売していくことである。

     

    今回の例はかなりの成功事例となる予感がしている。

    お客様からこのような嬉しいコメントが届いたとき、仕事をしていて最も楽しい瞬間である。

  7. バングラデシュの小さな工場


    バングラデシュには現在約6,000の工場があるといわれている。

    正確な数字は誰も解らない。

    それは日本のように法人を登記する制度が確立されておらず、多くのもぐり工場が存在しているからである。

     

    1つの工場で内情を聞いたので、少しだけ皆さんにも紹介します。

     

    この工場は弊社の小ロットオーダーのデニムやコットン製品を縫製している工場です。

    オーナーの人柄は良いのですが、あまり賢くありません。

     

    この工場は48台のミシンがあり、56名の従業員がおります。

    約60坪くらいに工場ラインが3ライン、サンプル及びカッティングスペース、事務所があります。

     

    この工場で従業員の給与を引いた営業利益ベースでの損益分岐は・・・・

     

     

    何と日本円で35万円程度だそうです。