バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
わんピース 社長のワールド日記
  1. バングラデシュはパートナー


    本日は様々な業種の様々な地域の経営者達と食事をしながら情報交換を行った。

    私がバングラデシュでビジネスをしているからか、最近はグローバルな話題が多くなっている。

    韓国、中国、タイ、ベトナム・・・などなど、本当に色んな仕事をしている人達と色んな展望を話す中で、本当にこれからはグローバルが更に細分化され、特にすでに進出しているグローバル企業の海外への関わり方として、日本とアジアとのビジネスは中国や韓国などへの集中から分散され、新たに海外への進出へも中国や韓国以外の選択肢が益々増えてくるであろう。

    私のバングラデシュもそうだが、本日初めてスリランカとのビジネス話を聞いた。

    今までの会話では間違いなく聞かなかったビジネスパートナー国である。

     

    日本にとって2011年は歴史的な年となる。

    今後、日本がより世界中から愛されるよう、ビジネスを通じて貢献したい。

     

  2. 2011年5月 上海最終日


    この3泊4日という短い間ではあったが、大なり小なり多くの上海人経営者とお会いすることが出来た。

    財団法人の営利活動として上海をターゲットに考えているため、様々なビジネスのヒントを学ぶことが出来、実り多き時間を過ごすことが出来た。

     

    結論から言えば、ほとんど何をやっても儲かるということである。

    上海が日本よりも進んでいるのは「お金がある」ということ。

    しかし、お金を使うサービスや娯楽などが無いため、日本人ターゲットにはすでに流行らないビジネスでもチャンスが転がっている。

     

    また、分かったこととして、上海人は「親日」である。

    間違いなく、日本の食事やアニメ、歌やドラマ、車に電化製品などなど日本への憧れは存在している。

    そのため、日本企業がビジネスとして進出するには適しているといえる。

    1つの問題があるとすれば、国である。

    「中国」の基本的な考えとして中国元の持ち出しを禁止しており、外国通貨の受け入れは禁止していない。

    そのため、当然ながら入ってくる金額よりも出て行くお金が圧倒的に少なくなり、金余りのバブル状態が続いている。

    今、時流は間違いなく上海である。

     

    今後は私の得意とするアングラデシュを活用したアパレル産業や前職で経験のあるコンサルティングサービスなどを中心に上海をターゲットに活動を広げて行きたいと感じている。

     

  3. 2011年5月 上海3日目


    昼はビジネスの話をして、夜は富裕層と飲む!

    この上海バブル生活も今日で3日目。

     

    昨晩の出来事で度肝を抜かれた出来事があった。

     

    上海でKTBという日本で言うところのクラブやキャバレーにあたるところへ案内された。

    そこには、この日700名の女性が在籍していた。

    また、この日は週末のイベントだったらしく、ゲストとして上海で活躍しているモデルなども複数名働いており、

    舞台の上を番号札をつけてウォーキングしている。

     

    どうやら仕組みとしては、ここではオークションのように女性を一晩自由にする権利を競っているようで、

    一般人はそれを見て飲んでいるといった形式だった。

     

    何と、最高金額1晩130万円也!!

    また、その他にも70万円やら50万円やらがチラホラ!

    10万円台なんてザラ!!

     

    それでも多くの女性には買い手がつかず、買い手がつかなかった子達が相手となって、普通のクラブやキャバレーのような営業がスタートする。

     

    上海のクラブやキャバレーの雰囲気よりもこんなことが毎週色んな場所で開催され、130万円でモデル落札した見た目30代後半の中国人が眉一つ動かさず、ただただ葉巻を吸っていた姿、この現実に度肝を抜かれた。

     

    何というバブル。。。

  4. 2011年5月 上海2日目


    昨晩は上海のバブルを感じるため、上海のクラブ(ディスコ)へ行きました。

    上海のクラブでイベントをコーディネートしている会社の代表である香港人の案内により、現地でも有名なクラブへ。

     

    中に入ってビックリ!

    多くの欧米人に日本人の有名DJ、膨大なダンスフロアーを埋め尽くす中国人。

    これは日本以上、おそらく日本のバブル期もこのような光景だったのではないだろうか。

     

    客層は幅広く、若い世代から50代くらいまでがクラブを利用している。

    しかし、クラブでダンスを楽しむ多数派に対し、決まった数のテーブル席を予め予約している少数派。

    この少数派のお金の使い方が桁違いである。

     

    私も紹介されて少数派の1グループと一緒にお酒を飲んだのだが、私が来てから10人位で飲んだシャンパンの数は何と9本。

    しかも1本日本円で1万5千円。周りを見渡したところ、このテーブルだけ特別なわけではない。

    何と。。。。

     

    その後、上海のクラブでイベントをコーディネートしている会社の代表である香港人に聞いたところ、

    彼が行った富裕層のみをターゲットにしたイベントでは800人が来場し、1日の売り上げが約4000万円だったそうである。。。。

    何と客単価5万円。。。。

     

    本当に上海はバブルである。

     

  5. 2011年5月 上海初日


    上海へ到着しました。

    財団法人の代表が上海へ行って6年目を迎えるような上海通の人間なので、空港まで迎えに来てもらいました。

    到着して、彼の自宅へ行き、彼の家のゲストルームに荷物を置いて、早速上海でのビジネスを探るべく移動することに。

     

    打ち合わせ場所として向かった先は日本食レストランで、ちょうどランチタイムが終了した16時位に到着しました。

    この日本食レストランを経営しているのは長崎の大学で4年ほど日本に滞在していた上海人で、弊財団の評議員でもあります。

     

    早速、2人の紹介を経て1人の上海で手広くアパレルを販売している上海人と話しました。

    彼は非常にビジネスに前向きで、私のバングラデシュでのビジネス話を聞いて飛びつくように話を広げてきました。

     

    結果、彼を6月位にバングラデシュへ案内することになりました。

    私の提携しているバングラデシュのデニム工場やレザー工場に行きたいそうで、彼の必死さにはビックリです。

     

    その後、ちょうど同時期に上海に来ていた弊財団の相談役と弊財団の代表と3人で食事に行きました。

     

    全ての移動はタクシーを利用しているのですが、上海ではなかなかタクシーが捕まりません。

    理由としては需要と供給がアンバランスになっており、バブル真っ只中の上海ではタクシーがなかなか捕まらないことが当然のようです。

     

    16日までの上海ライフを満喫し、今後のビジネスを考えるつもりです。

  6. 関西空港のANAラウンジ


    本日は上海へ向かい、現地アパレル企業2社、現地アパレル関連の大物人物2人と会う予定となっている。

    そして、日本のバブルを経験していない私は上海バブルを体感したいとも思っている。

    上海では私が代表理事として所属している財団法人O-plusの代表が上海にも委託があるため、代表の家に宿泊し、現地での案内はお願いしている。

    非常に楽しみなビジネス80%とプライベート20%の3泊4日である。

     

    そんなワクワクなフライトを前にして、空港のラウンジにて朝食☆

    関空のラウンジはおにぎりやサンドウィッチなどの軽食がメインである。

    正直、観光に力を入れている国の、特にハブ空港にあるラウンジからすれば見劣りする。

    しかし、ラウンジ内スタッフの気配りやサービスはやはり高い。

     

    日本が大変な時期だけに、関西も外国人旅行客の誘致にも積極的になって欲しい。

    今月はバングラデシュにも行くので、12日くらいは海外出張だ・・・

  7. タイのラウンジにて


    本日の0時30分関空発の便でバングラデシュにアパレルビジネスを目的に向かう!

    相変わらずタイ経由なので、タイでも5時間程度時間が空くため、どこの国の空港に行っても、ラウンジを利用してパソコンで仕事をしている。

     

    現在もいつものとおりタイ空港でパソコンをしている。

    それにしてもタイのラウンジはレベルが高い。

    機内食よりも美味しい軽食があるし、シャワーもあるし、フルーツは山盛りだし。

    空港内のラウンジの数、ラウンジ内の席数の数、ラウンジ内にいるスタッフの数、明らかに関空とは違う。

    これがアジアのハブ空港である。

     

    海外から旅行者の誘致をするには、海外航空機の発着便を増やさなければいけない。

     

     

    それにしてもタイの空港ラウンジにあるスープご飯?お茶漬け?みたいなのホントに美味い!!