バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュで自社工場スタート

    バングラデシュへ進出して8年目、ついに自社の工場をスタートしました。

    工場名はonepice fashionです。

    やはりバングラデシュという国で自前で工場を持つとなると、色々と考えてしまいます。
    メリットは多く、特に小ロットで縫製してくれる工場が少なくなった昨今、自前の工場を持つ事は非常に重要な位置づけでした。

    しかし、心配も多く、当初より心配していたのは

    1.初期投資
    土地や建物、機会の導入など初期投資費用

    2.ランニングコスト
    従業員(弊社の場合100名弱)の給与や電気、ガスなどのインフラ費用

    3.カントリーリスク
    政権交代や法律改正などによる外国人オーナーのリスク

    などです。

    しかし、今回上記の3点のリスクを極端に低下させて自社工場をスタート出来る事になりました。


    1ラインの布帛工場で縫製しているのは全て弊社の商品のみです。

    今後の小ロットOEM体制強化や品質の安定に繫がるように継続して行きます!!


    ツイル、デニムなどをより小ロットにより高品質に

    価格分の価値をより高めた生産をご期待下さい。

  2. バングラデシュとお酒

    バングラデシュでビジネスをする中で重要なのが、現地の駐在スタッフである。

    求人募集を出せば、そこそこ問い合わせは来るのだが、実際に会社として欲しい人材は中々集まらない。

    ハードルを下げて採用した場合、やはり続かない。
    バングラデシュで8年目を迎える弊社もやはり今まで何度もこのような問題に直面して来た。

    弊社の場合は「アパレル知識と語学力」この部分を最も重用視して採用活動を行っている。
    しかし、中々集まらない。。。
    弊社の周囲の会社に聞いても同様の悩み。。。。

    あくまでも仮説であるが、私が考えるバングラデシュで日本人が駐在する事が難しい理由として考えられるのがズバリ「娯楽」が無い。という点である。

    その他にも環境や宗教、食事などがあると思われるが。。。

    バングラデシュ以外のイスラム教徒圏内でビジネスを展開している企業も同様の悩みを抱えているかも知れないが、バングラデシュの場合は非常に日本とは違った文化や宗教が形成されているため、中々長期で駐在する事は難しい。

    食事やお酒は持ち込めばいいし、少し高いが現地でも購入する事が出来る。

    しかし、周りの人達が全く飲まないのに自分だけ飲む事は楽しくない。

    たまにバングラデシュの工場のオーナーに誘われて飲みに行く事もあるが、多くの現地人は「酒」=「特別」という位置づけのため、高い可能性で飲み過ぎる人が出てくる。

    大学生のように。。。

    小ロットのOEMで生産している弊社に付いて来てくれている工場のオーナーならば、ペースを守って、小ロットで飲んで欲しいものだ。。。。