バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュでも日々向上するような心がけ

    バングラデシュでアパレルを生産している。

    弊社の強みである定番商品であるが、今後の可能性や短所の是正を考えて、弊社ではいつも向上するような挑戦を続けている。

    今年の春はシワ加工のコットンシャツ。
    インディゴ染めのTシャツ(カットソー)。
    ペイント&クラッシュの本格デニム。

    このように今迄挑戦しなかった商品の開発や加工など常に挑戦し続ける心がけが必要であると再度実感した。

    去年はバングラデシュ製のニットデニム(カットデニム)を調達し、安価な生産に成功し、弊社の新たな武器に成長した。

    今後お客様から喜ばれる事を最優先に、商品開発を続けて行こうと感じている。

  2. バングラデシュ セーター工場のリベンジ

    バングラデシュのセーター工場でバングラデシュではよくある問題が発生した。
    9月のイード(犠牲祭)明けに従業員が戻って来ず、労働社不足が発生した。

    秋物はエアー出荷となり、弊社の工場は大きなダメージを受けたが、春物は何と予定の1ヶ月前に完成したとの事。
    合わせて追加した春物も何と45日で生産が完了した。

    春物で想定よりも売れた品番の追加もこのタイミングから発注し、2月末の納品(エアー)で出荷する。
    弊社もこのようなサポートをしてくれるニット、セーター工場に感謝し、エアー出荷とはいえ、好調な販売となった製品を企画した弊社スタッフに感謝である。

    これからもニット、セーターの企画を強化し、弊社の柱に育てたいと感じている。

  3. バングラデシュの元日

    明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いします。

    バングラデシュに2010年に訪問し、2011年1月より株式会社わんピースの代表取締役として本格的にバングラデシュに進出し、6年が経過し、7年目を迎える事が出来た。

    前職のコンサルタントとは全く違う畑である、アパレルを知識も無くスタートし、様々な問題に直面し、その都度解決し、バングラデシュでは何度も騙され、何とかこの日を迎えられた事を非常に嬉しく感じている。

    おかげさまで創業から毎年、昨年対比で200%以上を達成出来たのもひとえにお客様からの御支持と工場の協力、弊社スタッフの頑張りであります。

    デニムのショートパンツからスタートし、ツイル、デニムシャツ、カットソー、Tシャツ、ニット、セーター、そして今年の春からはカジュアルシャツを生産している。

    2月末に決算となるが、今年は200%は厳しいかもしれないが、180%くらいの成長が見込まている。
    もっともっとバングラデシュの製品を通じて、お客様の売上げアップ、利益率改善のお役にたてるように、精一杯頑張って行こうと感じる今日この頃である。