バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュの路上ビジネス その1

    バングラデシュでは路上で色んな物を売っている。
    途上国では良くある光景なのだが、バングラデシュでは他の途上国と比べて衣料品を販売している比率が高い事がわかる。

    私も靴下やタオル程度しか購入した事はないが、弊社の取り扱い商品ジャンルであるデニムやカットソーなどの値段を聞いた事がある。

    私だと外国人価格なので、弊社のスタッフに値段交渉させたりしていた。

    先日、弊社の元スタッフが弊社を退社した後、自ら独立し路上商売をスタートしたので、詳しく聞く事が出来た。

    工場からOEMのキャンセル品やサイズ不良品を安くで買い取り、警察や政府に賄賂を渡して路上で商売するという。

    日本では注意する側の警察や、ルールを作る政府が裏金を貰って路上商売を許可している。
    日本とは全く違うルールである事が分かる。

  2. バングラデシュの賃金

    バングラデシュでは賃金の上昇が続いている。

    それよりも大きな問題は為替である。
    為替が円安になって、輸入製品は大きく金額が変わる予感がしている。

    2016年のレートが105円平均で、トランプ大統領の影響でこのまま円安が進み、
    2017年の平均レートが115円で推移した場合それだけで約10%コストが変わる。

    賃金上昇と円安で収益が圧迫されているが、弊社は値上げを行いません。

    それは商社に支払っていた手数料。
    銀行さんとの条件変更
    工場と弊社の負担シェア

    このようにして値上げを行わないように決めました。

    その為、他社から値上げ依頼された会社様からのお問い合わせをお待ちしております。

  3. バングラデシュへの輸出

    バングラデシュに本格的に進出して、もうすぐ6年目を迎える。
    現在、弊社の売上げ構成比としては98%がバングラデシュで生産したアパレル製品である。

    デニムを中心としたボトムスからスタートし、
    Tシャツをはじめとしたカット製品。
    ニット製品も育って、2017SSからはカジュアルシャツもスタート。

    企画製造・卸
    OEM及びODM

    しかし、今後の方針としてはバングラデシュで必要とされており、日本で不要とされているものを中心に輸出を開始する。

    その為、バングラデシュの法人登記も完了した。

    これからはバングラデシュと日本の架け橋になり、ビジネス展開を本格的に行っていく。