バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. バングラデシュでの社員教育


    弊社のバングラデシュ事務所には9名の現地スタッフがいる。

    現地で募集をすれば、小さくても日系企業との事で多くの応募がある。

     

    しかし、その中でも一番難しいのが教育である。

    ビジネスの上で、言葉の壁はもちろん、文化の壁などもあり、非常に難しいポイントである。

     

    先日も弊社の日本人スタッフがデニム工場にて、弊社のQCが検品している製品を見に行くと、
    品質は問題ない。と自ら言って来たため、不信に感じた弊社日本人スタッフがチェックすると、
    製品には問題が発生していた。

    彼らの中では、工場で出たB品を自分の責任だと感じているのだと思われる。
    なぜ、その製品が出てしまった時の方が問題と言う事が分からないのか?

    これが、バングラデシュ のレベルである。

    まずは、お客様と言う事を本当に理解させなければ行けない。

    そこからがスタートである。

     

  2. バングラデシュの生産について


    バングラデシュに進出して行るアパレル企業は多い。

    しかし、現在バングラデシュで生産しているアパレル企業にも色々なやり方がある。

     

    1.バングラデシュの自社工場で生産している。

    2.バングラデシュに進出し、契約工場で生産している。

    3.バングラデシュに進出しておらず、契約工場で生産している。

    4.バングラデシュに進出しておらず、バングラデシュに進出している会社に発注している。

     

    大きく分けると上記の4つでは無いだろうか。

     

    弊社の場合は2番である。

    弊社は自社工場を持っておらず、現地スタッフと現地にバングラデシュオフィスがある。

     

    また、カットソー、布帛、ニット、シャツ、インナー、タオルなど生産している品目も様々である。

     

    弊社の場合はデニムを中心とした布帛、カットソー、ニットである。

     

     

  3. バングラデシュの難しさ


    バングラデシュでの一番の産業は繊維産業である。

    弊社もバングラデシュでアパレルを生産し輸入している会社である。
    デニムでスタートして、Tシャツやニットなど今では少しずつ品目を増やして、お客様に満足頂いている。

     

    一方で 多くのメーカーや商社がバングラデシュに参入し、撤退している。

     

    現在もバングラデシュで続けているメーカーや商社でも大きく分けると2通りある。

    赤字だけれど、今後の為に続けている。

    黒字で更に成長するために続けている。

     

    弊社は後者であり、前者の相談も時々受けている。

     

    もし、3年やって赤字なら撤退して、弊社にオーダーした方がいいでしょう。

     

    色んな意味で難しい国なので。

    強い信念と常識にとらわれない柔らかい考え方が必要である。

     

    だって、この国の人は嘘ばかりなのだから。。。