バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. デニム OEM


    現在、弊社ではデニムのOEMが順調である。

     

    今年の春が当たり年だった事もあり、

    デニムのジーンズをはじめ、デニムシャツやニットデニムなどOEM案件が順調である。

     

    円安の影響を受けて、バングラデシュ生産メーカー価格の弊社は

    カットソーやツイルなどもOEMとしては昨年対比ベースでみてもOEMは非常に好調なのだが、今年はデニムの勢いが凄まじい。

     

    バングラデシュで一番小さいロットで

    バングラデシュで一番価値のあるサービスをしている

    デニムOEM会社

     

    という目標に対して、既に1番だったとしても、弊社は更に追求して行きたい。

     

  2. バングラデシュ ラマダン


    現在、バングラデシュではラマダンという断食の最中である。

    バングラデシュにアパレルビジネスとして進出して、5回目のラマダンなので、私も慣れたものである。

    と言っても、私は断食をしないのだが。。。

     

    OEMのお客様と一緒にデニム工場に訪問していたため、誰もが食事をしないなか、用意して頂いたKFCを目の前でむしゃむしゃ食べた。

    始めてのお客様に気遣って頂いていましたが、私としては何度も経験しているので、冗談まじりに食べていた。

    しかし、全く文化が違う日本人としてはお腹が減るとか、我慢出来るの?という感覚だが、彼らは生まれて何十年も経験しているため、目の前で食べられる事すらも慣れている。

     

    まったく、宗教が習慣を作っているとはいえ、凄い習慣である。

  3. バングラデシュで取材


    バングラデシュでビジネスをして4年が経過し、5年目を迎えている。

    会社自体は6年目を迎えているのだが、バングラデシュでアパレルのビジネスをしてからは5年である。

    1年目は工場の開拓と勉強

    2年目はデニムOEM

    3年目はデニムとTシャツの自社企画とデニムのOEM

    4年目はシェアの拡大。

     

    振り返ってみると色んなトラブルがあった、今でも多少はあるが、かなり生産が安定したと実感している。

    最近また、取材して頂く機会が出てきた。

     

    繊研新聞社に掲載してもらったのは4度目である。

     


  4. バングラデシュで短納期


    バングラデシュで小ロット生産をしている弊社は、次なる目標として掲げているのは短納期である。

    小ロットにしろ、短納期にしろ、中国や韓国などの生産に比べると到底勝てないので、バングラデシュ生産の中で1番を目指している。

    価格は安く、サービスは高く。

     

    価値/価格と言う事で進めているため、

    デニムは1型500枚〜

    と言う事でインターネット通販のお客様を中心にオーダーを頂いている。

     

    しかし、いまだにお叱りの言葉を頂く事も事実。

    一番多いのは納期。特にサンプル納期である。

     

    サンプルを早くあげる事が、中国や韓国との商売がベースとなっている日本のアパレル産業を満足させる商習慣やインフラが整っていない。

    その為、常日頃から考えており、ついに弊社専用のサンプル工場をリース契約する事を決めた。

     

    この強みを活かしたサンプル生産を3ヶ月以内に軌道の乗せて、サンプル作成期間を圧縮。

    さらには自社で現地パターンナーを採用し、更にサンプル作成期間を圧縮していく予定である。