バングラデッシュの物作りと仕入れはわんピにお任せ!特にデニムには絶対の自信!
  1. 2010年12月 バングラデシュ視察 4日目


    本日も朝から20社程度の工場を回った。

     

    女性経営者とも会談し、バングラデシュのイスラム教という宗教の中、独立して間もない企業であった。

    男性の従業員に酷いことを言われた経験などを聞いていると、彼女の偉大さが伝わってきた。

    まだまだ、年齢も若く、アパレル業界に精通している素晴らしい経営者である。

    今後は彼女にもデニムのOEMを中心に仕入れを考えている。

     

    途中で現地のマーケットで生地も見に行き、チャイを立ち飲みし、一息ついていた時、

    バングラデシュの人は本当に日本のことが大好きだと改めて感じた。

     

     

    学生時代に2度程合計3ヶ月弱バングラデシュの隣国のインドに行ったことを思い出した。

    自分自身が若かった事もあるのか、インドではボッタクリや詐欺のような勧誘が多かった。

    特にデリーやムンバイなどの都会は多く、そのような事から、あまり良い思い出はない。

    しかし、同じインドでもコルカタで出会ったバングラデシュ人の出稼ぎ労働者はいい人だった。

    毎日お互いに分からない言語で話て笑っていた。

     

    何でも1972年から日本とバングラデシュは経済協力関係を中心に友好関係が発展したそうである。

     

    その割には日本人バイヤーによる仕入れは少ないように感じる。

    やはり、日本人の多くはバングラデシュに対してダーティーなイメージを持っているのであろう。

     

    まぁ、決して清潔な国とは言えないが、良い国である。

     

  2. 2010年12月 タイでひと時の休息


    バングラデシュでの4泊の視察を終えて、経由地であるタイで

    3時間だけバンコクを満喫。

     

    90分のマッサージでバングラデシュでの

    異常なまでのアパレル工場視察の疲れを癒す。

     

    その後、現地の屋台にてビールとヌードルを

    やはりタイの食事は最高である。

     

    学生の頃から数えると何と12回目の入国である。

    本当にバングラデッシュでの疲れが癒される~

     

  3. 2010年12月 バングラデシュ視察 3日目


    今日は朝からダッカの郊外に集中するバングラデシュの工場密集地へ。

    丸1日かけて20社弱の企業を訪問した。

     

    今日は途中で急いで昼食をとることも出来た。

     

    大好きなタンドリーチキンとガーリックナンを食べた。

     

    バングラデシュの通貨はTk(タカ)で、1Tkは約1.3円。

    ミネラルウォーターが10Tkであることから物価の安さが分かる。

    ちなみに写真のタンドリーチキンとガーリックナンを4人で

    お腹いっぱい食べて、全員で1,000円弱。

    特に今は円高なので、本当に安く感じる。

     

    今日の工場では本当に親日にバングラデシュ企業への訪問と

    対談が印象的である。

    私の熱意や若さを気に入っていただき、提携していただけることになった。

     

    正式な契約とまでは行き着いていないが、今後はメールや次回の訪問などで

    内容を詰めていく。

     

    2010年の12月末を持って現在働いている船井総合研究所を退社することも決め、

    今後は独立してバングラデシュと日本の間に入り様々なビジネス展開を考えている。

     

    大学生時代に始めた一人旅で1度訪れたことのあるバングラデシュで本当に

    自分がビジネスとして関わるなんて思っていなかった。

     

    これからは自分なりに使命感を持ってバングラデシュとのビジネスをやっていく。

     

     

    相変わらずの大渋滞や宗教的に大好きなお酒が飲みづらいのは苦だが、

    今私が社会のために役に立てるビジネスはバングラデシュとのビジネスである。

     

     

    まずはバングラデシュが得意なアパレル産業からスタートする。

    アパレル産業の中から更に業種を絞り込み、自分が1番になれる場所を

    「時流適応、力相応一番」でビジネス展開をスタートしよう。

     

  4. 2010年12月 バングラデシュ視察 2日目


    12月8日、本日から本格的な工場周りがスタート

     

    朝から晩までバングラデシュの現地でレンタカーとドライバーを手配し、

    仕入れやOEMの開拓のため、20件弱の工場を訪問した。

     

     

    日本に対するイメージや日本とのビジネスの可能性などについて

    バングラデシュの企業と対談し、仕入れやOEM以外にも様々な可能性を探った。

     

    結果、バングラデシュでも日本の中小企業が望むビジネス形態

    すなわち、私が思う日本向けの仕入れやOEMで小ロットに対応してくれる工場は存在する。

    しかし、欧米企業ほどの興味が無いのも事実。

     

    これからアタックして小ロットに対応してくれるバングラデシュの工場との提携を目指す。

     

    しかし、現地の工場との提携には色んな障壁がある。

     

    まず、バングラデシュの工場の弱みとしては電力不足である。

    これは前回の訪問時にも感じたことであったが、まだまだ十分とは言えないものの、今回の訪問では大きく改善されており、

    2012年頃からインドから電力を輸入することを政府が決定したため、バングラデシュの電力問題は更に改善されるであろう。

     

    ついで、バングラデシュが抱える問題として、交通インフラがある。

    日本なら片道30分で行ける場所まで、どのような交通手段を使っても2時間はかかる。

    これは生地やアクセサリー、商品などの物流にも大きく関係するため、改善の必要性がある。

     

     

    これらの弱みをどのように改善し、コストや関税などの強みをどう最大限に活用するのかが

    私が考えるビジネスに深く関わるであろう。

  5. 2010年12月 バングラデシュ視察 1日目


    前回7月に行ったバングラデシュがあまりにも衝撃的過ぎたので、

    今回もタイ経由でバングラデシュ4泊6日の視察へ

     

    前回の視察よりバングラデシュに興味を持った私は前回の視察以降

    バングラデシュについて色々と勉強した。

     

     

    バングラデシュの主な輸出品目のジャンルとしてはアパレルと農作物や海産物である。

     

    ・アパレル

    縫製品、ニット製品、皮革、手工芸品等

    ・農作物や海産物

    ジュート、海老、紅茶、 化学肥料、その他農作物等

     

    これらの商品がバングラデシュから欧米を中心とした世界各国が仕入れている品目である。

    日本向けには今はアパレルよりも海産物やジュートの方が多いのではないだろうか。

     

    私が前回の視察先とは別の工場を回ること、前回ご訪問したアパレル工場数社への契約へ向けた

    挨拶が今回の目的である。

     

    まず、前回7月に視察で訪れた頃よりも更にアパレルの製造工場が忙しくなっているという。

    最大の理由としては欧米企業のクリスマス商戦向け注文のラストスパートだという。

     

    バングラデシュ輸出振興庁(EPB)によると、2010年度上半期(10年7月~12月)の輸出総額は102億6,364万ドルとなっており、

    前年同期比で41.0%増加。

    輸出のうち、ニットウェアが42.0%、ニットを除く既製服が35.4%を占めている。

     

    日本も中国が見事な経済成長を遂げ、中国の労働賃金及び原材料の高騰から

    現在は中国に対する1国依存型からCina Plus oneとして他のアジアの国が注目されている。

    今年の6月から中国、タイ、ベトナム、インドネシアそしてバングラデシュと様々アジアの国の

    ビジネスの可能性を模索しているが、私が一目置いているのはバングラデシュである。

     

    バングラデシュにはまだまだ出来ないことは多いが、中国よりも人件費が安く、関税が0%というメリットがある。

    まだまだ、インフラ設備も十分とは言えないが今後3年間で大きな変貌を遂げると断言できる。

     

    北海道の2倍ほどの小さな国に約1億6000万人の豊富な人口を抱えており、失業率は約40%となっており、

    豊富な労働力を抱えている国である。

    私は個人的にバングラデシュが日本のアパレル業界のアウトソーシング先として活躍することを期待している。

     

     

    大きな2つの理由としては、上記のとおり貧困国と豊富な労働力である。

     

     

    今回は私の今後の進展も十分に考慮した上での視察にしたい。

     

    バングラデシュは何が得意なのか?

    バングラデシュの得意な物で日本必要としている物は何か?

    その商材に参入余地はあるのか?

    その商材は十分な市場規模があるか?

     

    この辺りを考慮した結果、バングラデシュが得意とする、

    アパレルの分野に特化することが重要であると感じている。